森友問題のせいで「消費増税延期」はいいのか

財務省不信で改革停滞なら、困るのは国民だ

森友問題の激震が長引けば、ひいては安倍政権退陣にまで及ぶかもしれない。ひいては消費税増税、財政再建にも影響するのか(写真:共同通信)

森友問題は消費増税の三たび延期にも波及するのか――。

この連載の一覧はこちら

3月12日、財務省は、学校法人森友学園への国有地売却に関する決裁文書に”書き換え”があったことを認める調査結果を報告した。その中で、書き換え前の文書には安倍晋三首相の妻・昭恵氏に関する記述があったが、書き換えの際に削除されていたことも明らかとなった。

財務省内で決裁文書の書き換えが行われたことで、公文書の信頼性、ひいては民主主義の根幹を揺るがす事態に発展した。

そして、財務省の信頼に傷がついたことで、2019年10月に予定されている「消費税率の10%への引き上げが困難となった」との見方がある。しかし、事はそう単純ではない。

佐川氏は財務省をかばう必要がなかった

財務省における書き換えは、誰のために行われたことだろうか。

財務省内で誰もかばう必要がなければ、書き換えなどする必要もない。ましてや、虚偽有印公文書作成罪などに問われるおそれのあることを、官僚が自ら進んでするはずがない。今のところの説明では、3月9日に辞任した佐川宣寿・前国税庁長官が理財局長時代に行った国会答弁と、つじつまを合わせるために決裁文書を書き換えたという。つまり、佐川氏をかばうために、決裁文書を書き換えたとも解せる説明だ。

では、佐川氏がなぜ、決裁文書の書き換えを必要とするような答弁をしたのか。

次ページなぜ書き換えを必要とするような答弁をしたのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT