森友問題のせいで「消費増税延期」はいいのか

財務省不信で改革停滞なら、困るのは国民だ

森友問題の激震が長引けば、ひいては安倍政権退陣にまで及ぶかもしれない。ひいては消費税増税、財政再建にも影響するのか(写真:共同通信)

森友問題は消費増税の三たび延期にも波及するのか――。

この連載の一覧はこちら

3月12日、財務省は、学校法人森友学園への国有地売却に関する決裁文書に”書き換え”があったことを認める調査結果を報告した。その中で、書き換え前の文書には安倍晋三首相の妻・昭恵氏に関する記述があったが、書き換えの際に削除されていたことも明らかとなった。

財務省内で決裁文書の書き換えが行われたことで、公文書の信頼性、ひいては民主主義の根幹を揺るがす事態に発展した。

そして、財務省の信頼に傷がついたことで、2019年10月に予定されている「消費税率の10%への引き上げが困難となった」との見方がある。しかし、事はそう単純ではない。

佐川氏は財務省をかばう必要がなかった

財務省における書き換えは、誰のために行われたことだろうか。

財務省内で誰もかばう必要がなければ、書き換えなどする必要もない。ましてや、虚偽有印公文書作成罪などに問われるおそれのあることを、官僚が自ら進んでするはずがない。今のところの説明では、3月9日に辞任した佐川宣寿・前国税庁長官が理財局長時代に行った国会答弁と、つじつまを合わせるために決裁文書を書き換えたという。つまり、佐川氏をかばうために、決裁文書を書き換えたとも解せる説明だ。

では、佐川氏がなぜ、決裁文書の書き換えを必要とするような答弁をしたのか。

次ページなぜ書き換えを必要とするような答弁をしたのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT