広島カープ「チケット争奪戦」ヤバ過ぎる実態

昨年の反省を生かし対策を進めているが…

2月28日、翌日から発売する今シーズンのチケットを手にするためテント待機をするファンたち(写真:ひろスポ!提供)

 ここ数年、異常ともいえるチケット争奪戦が展開されている、広島東洋カープ(以下、カープ)の本拠地・マツダスタジアム。3月1日に発売される公式戦のチケットを求め、約1カ月前から順番待ちの列ができ、おびただしい数のテントが発生する光景は、もはや年中行事となりつつある。

昨年はチケットを求める列の場所取りが始まったのは2月6日だったが、今年はさらに11日早い1月26日に1号テントが出没した。

カープは毎年、2月下旬までに年間シートの販売と、年間シートホルダーとファンクラブ会員対象の優先販売を済ませ、3月1日に一般販売をマツダスタジアムに設けられている窓口で開始する。

マツダスタジアムで開催される、そのシーズン全てのゲームのチケットを開幕前に売りに出す。この方式をとっているのは、12球団中カープと阪神タイガースだけであり、そのほかの10球団はゲーム開催日の概ね1~2カ月前だ。

ファンクラブ会員も一般発売も狭き門

年間シートは昨年に引き続き、前年からの更新者と球団スポンサーへの割当などで枠がいっぱいになり、ファンクラブ会員も更新しなかった人が出た分の補欠募集のみであるため、ファンクラブ会員になること自体が狭き門となっている。

一般販売が始まった時点で完売している座席種が相当数出るため、一般販売もまた狭き門だ。

このため、3月1日の一般販売目がけて1カ月前から順番待ちの列ができるのだ。正確には、一般販売開始前日の2月末に配布される整理券を求めての列だ。昨年配布された整理券は2000枚。つまり、2000人がテント生活をしながら整理券を求めて並んだが、今年はさらに増えて2600人にまで膨らんだ。

昨今のカープ人気を反映し、ここ数年は発売から間もなく、シーズン全試合の指定席が瞬く間にほぼ完売してしまう事態が続いている。

昨年は発売から2時間で、ビジターパフォーマンス席(カープの対戦相手チームのファン専用の応援席)と内野自由席、それに車いす席を除く全ての指定席が完売した。今年の完売は2日目になってからだったようだ。

次ページ昨年はカープのチケットが高値転売
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。