シャープ、「野球観戦」専用ウォッチの仕掛人

広島カープ愛で開発4年、経営危機も我関せず

今回は、シャープの野球観戦専用スマートウォッチの開発者に話を聞きました(撮影:梅谷秀司)

「アクオス」ブランドの液晶テレビやスマホ、プラズマクラスター空気清浄機にロボホン――。電機大手・シャープといえば、以上の製品を思い浮かべる人が多いだろう。では、同社が「野球応援グッズ」も展開しているのをご存じだろうか。

野球ファンのために開発されたスマートウォッチ

「ブー、ブー、ブー」。手首に伝わるバイブ音に気づいて腕時計のディスプレイを見ると、「ホームラン4回」の文字が表示された。点差や登板する選手名などを含めた情報が逐一通知され、良い状況か悪い状況かによってバイブの回数も変わる。これで、仕事で大事な試合が見られないときでも、スマホを盗み見ることなく展開がわかる。

さらに、実際に球場やテレビの前で観戦できるときにも使える。応援で腕を振れば振るほど、内蔵されたセンサーがそれを感知してポイントが貯まり、BLE(低消費電力の通信モード)で繋いだスマホを通じて、選手の人気投票に参加できる。試合の展開に合わせて、「点差はある、落ち着いて」「○○選手、ファインプレイ!」といった熱いメッセージも届き、高ぶる気持ちをさらに盛り上げる。

この時計の名前は、「ファンバンド」。ニッチな商品だが、2016年に最初に発売された広島東洋カープモデルは、1000台のテスト販売分が1週間で完売。発売初日には行列もできた。現在は本格的な生産に移り、コラボする球団もベイスターズ、ホークス、タイガースも含めた計4球団に拡大。プロ野球ファンの間で、徐々に知名度を上げている。

次ページきっかけは今から8年前
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。