就活生は「落ちたら傷つくから…」を捨てよう

会社選びで「業界上位」を敬遠してはいけない

上位企業を受けるメリットとは(写真:kokouu / iStock)
3月1日の就職情報解禁日に伴い、2019卒生の就活もいよいよ新しいステージの幕開けです。
昨年までと様変わりしている就活環境の中、本選考に応募する企業のエントリーが開始されました。同時に、大規模な合同会社説明会も各地で開催されています。
1000社を超える企業への採用活動支援、1部上場企業の採用責任者、1000人を超える学生への就活支援の実績を基にした『新卒採用基準――面接官はここを見ている』の著者・廣瀬泰幸氏が、「エントリーする企業の選び方」について解説します。

なぜ下位企業ばかりにエントリーするのか

日々就活生と接していて、1つ気になることがあります。

それは会社を選ぶ際、なぜか「業界上位企業」を避け、下位の企業にばかりエントリーする学生が思いの外多いことです。

「上位企業には魅力を感じない」などの理由もあるのだと思いますが、どうも「受かる自信がなく、落ちたら傷つくから」という学生も少なくないのではと感じています。

そんなとき私は、「かならず業界上位企業も受けてみよう」とすすめています。なぜなら業界上位企業の採用試験を受けることには、合否以上の「5つのメリット」があるからです。

今回は、「なぜ業界上位企業を受けるべきなのか」について、解説してみたいと思います。

次ページ業界上位企業を受けることの最大のメリットは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。