就活生は「落ちたら傷つくから…」を捨てよう

会社選びで「業界上位」を敬遠してはいけない

上位企業を受けるメリットとは(写真:kokouu / iStock)
3月1日の就職情報解禁日に伴い、2019卒生の就活もいよいよ新しいステージの幕開けです。
昨年までと様変わりしている就活環境の中、本選考に応募する企業のエントリーが開始されました。同時に、大規模な合同会社説明会も各地で開催されています。
1000社を超える企業への採用活動支援、1部上場企業の採用責任者、1000人を超える学生への就活支援の実績を基にした『新卒採用基準――面接官はここを見ている』の著者・廣瀬泰幸氏が、「エントリーする企業の選び方」について解説します。

なぜ下位企業ばかりにエントリーするのか

日々就活生と接していて、1つ気になることがあります。

それは会社を選ぶ際、なぜか「業界上位企業」を避け、下位の企業にばかりエントリーする学生が思いの外多いことです。

「上位企業には魅力を感じない」などの理由もあるのだと思いますが、どうも「受かる自信がなく、落ちたら傷つくから」という学生も少なくないのではと感じています。

そんなとき私は、「かならず業界上位企業も受けてみよう」とすすめています。なぜなら業界上位企業の採用試験を受けることには、合否以上の「5つのメリット」があるからです。

今回は、「なぜ業界上位企業を受けるべきなのか」について、解説してみたいと思います。

次ページ業界上位企業を受けることの最大のメリットは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT