「血縁者」との結婚が産業革命後に減った理由

世界最大級の家系図で明らかになったこと

「世界中の人が、自分の家系図作りに膨大なエネルギーを費やしている。それを活用させてもらえば、人類について解明できることがいくつもある」と、ジェニ・ドットコムを運営するイスラエル企業マイヘリテージ(MyHeritage)のヤニブ・アーリック最高科学責任者(CSO)は語る。

「これはビッグデータの活用という観点でも非常に貴重だ」と、メリーランド大学のフィリップ・コーエン教授(社会学)は語る。実際、「数百万人からなる大規模家系図の量的分析」と題されたこの論文は、民間企業がクラウドソーシングによって集めたビッグデータを活用した最新例だ。

北米の「移民地図」も作成された

こうした試みは、ジェニ・ドットコムが初めてではない。やはり家系図を記録・作成する米企業アンセストリー・ドットコム(Ancestry.com)は昨年、そのデータを使って北米への移民地図を作成した。

家系図だけでなく、レストラン口コミサイト「イェルプ」のレビューデータを利用して、食中毒の広がりを追跡したり、インスタグラムのデータを使って麻薬の流通ルートを追跡する試みも行われてきた。

とはいえ、こうしたデータが社会全体のトレンドを示しているとは限らない。「民間企業がデータを管理していて、研究資金を提供している場合は、企業側の狙いが研究結果に反映されがちだ」と、カリフォルニア大学デービス校のエミリー・マーチャント教授(科学技術研究)は指摘する。

次ページ私的に作られた家系図の問題点
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。