仏教流! プレッシャーとどう戦うか?

「おもてなし」よりも「おかげさま」

一度成功を収めた後のプレッシャーとどう戦うか。

ビジネスの世界に身を置く方なら、成功の後のプレッシャーに押し潰されそうになった経験が、あるのではないでしょうか。

私も小さいながら立ち上げたばかりの非営利法人の代表理事をしていますので、日々を乗り切る小さな成功を積み重ねながら、明日も同じく生き抜けるだろうか、というプレッシャーがいつものしかかっています。

世間の話題となるような大きな成功を収めた人なら、プレッシャーはなおさらのことでしょう。半沢しかり、五輪しかり、一度、わーっと注目が集まった後に、その話題の中心にいる人が次にどういう行動をとるか、大勢が見ています。プレッシャーで押し潰されそうになる……。そんなとき、どうすればいいのでしょうか?

私なら、そんなときは念仏です。

南無阿弥陀仏と唱えれば、ほら、なんだか不思議と気持ちが軽くなってきませんか……? そんなわけないでしょう、という声が聞こえて来そうですね。でも、本当にそういうことってあるのです。

次ページ仏教では結果にとらわれない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT