米倉誠一郎「幕末人はこんなに創造的だった」

砲術家・高島秋帆のクリエイティビティ

米倉氏は、「日本人は非創造的だ」なんてことはないと断言します(撮影:尾形文繁)
混迷を極める昨今、瀬戸際に立たされている日本はどうやって時代を切り開けばよいのか。そもそも日本人は創造的ではないのか。
イノベーターたちの日本史』を執筆した経営学者であり歴史家の米倉誠一郎氏は、幕末~戦前昭和の歴史における改革者たちの事例から、日本人は数々のイノベーションの偉業を果たしてきたという。今回は、幕末の蘭学者であり砲術家の高島秋帆の事例を紹介する。

キーワードは「創造的対応」

僕は、イノベーションの研究をしている経営学者で、ベンチャービジネスやソーシャルビジネスにも関心を持ち、最近では、アフリカやバングラデシュでも行動しています。

『イノベーターたちの日本史』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

しかし、研究者としてのキャリアは経営史で、幕末・明治維新の研究から始めています。歴史家として40年にわたって少しずつ書き溜めてきた小稿をまとめて、昨年、『イノベ―ターたちの日本史――近代日本の創造的対応』として上梓しました。

この本のキーワードは、「創造的対応」です。これはあまり知られていない言葉かもしれません。これは「イノベーションの父」と呼ばれるヨゼフ・シュムペーターが1947年に書いた論文で用いた概念でした。

「創造的対応」とは、外からの刺激に対して、普通に返すのか、あるいは創造的に返すのか、その差がイノベーションである、ということです。もう少しわかりやすく説明すると、想定外の創造的な対応をすることで、ドラマチックな変化が生まれるという意味です。

拙著では、幕末・明治維新から昭和初期にかけての日本近代を、「創造的対応」の視点から描いています。今日あまり知られていない人物もいれば、著名ではあるものの、その活動が知られていないというストーリーを取り上げています。一見すると近代史の本ですが、僕が経営学者としていろんなビジネスの盛衰をたどってきた経験を踏まえ、今という時代をどう見つめ、行動にどう生かしていくのか、という点を重視しています。

次ページ幕末知識人の「知的ソース」となった本
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT