目標達成できない人は課題の分解ができない

楽天で学んだ商材の最も魅力的な伝え方

課題をいかに効果的に分解するかがキモです(写真:tkc-taka / PIXTA)
日本国内のネット通販でアマゾンジャパンと双璧を成す楽天。1997年の設立から20年で売上高は9444億円(2017年12月期)、連結従業員数1万4000人超という爆発的なスピード成長を果たした。金融、旅行などにも多角化し、売上高1兆円もうかがえる存在になってきた。
楽天はネット業界を中心としてさまざまな業界や企業で、その出身者が活躍する人材輩出企業でもある。在籍100人程度から1万人を超える大企業に至る過程を経験し、30代後半で楽天がアメリカで買収した企業の社長を務めた経歴もある小林史生氏が、著書『楽天で学んだ「絶対目標達成」7つの鉄則』の中から、スピード成長企業の目標達成に向けた仕掛けやネット通販における魅力的な商材の訴え方などのメソッドを明かす。

要素をバラバラに分解する「因数分解」

私が楽天の社内にいたとき、「因数分解」という言葉をよく聞きました。これは簡単に言うとビジネスを構成している要素をバラバラに分解することです。

私はその後、楽天を退社してからいろいろな企業に入り込んでコンサルティングをしてきていますが、この因数分解という言葉ややり方自体を知っている企業は多いものの、しっかりと結果につながるまで徹底してやっている企業はあまりないという印象があります。

インターネットショップで、ある商品を販売している業者が月商1000万円を1年後に2000万円へ引き上げようという目標を掲げたとしましょう。かなり難易度が高く感じられるかもしれません。たとえば広告費をこれまでの2倍投下するといった施策に走るケースがありえます。

この事例への施策は因数分解で考えられます。まずインターネット上の売り上げの構成要素が何から成り立っているかを考えます。

次ページどのように因数分解できるか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT