スペシャリスト人材「職種別」年収ランキング

日本のCFOの最高年収は5000万円

まず財務部門から。CFO(最高財務責任者)の最大年収は英国で、7450万円(50万ポンド)だ。2位は米国、3位は中国で、日本は最高5000万円と5番目の数字になっている。

会計マネジャーのトップはフランスで、年収1965万円(15万ユーロ)。日本は1500万円で3番目の水準となっている。2000万円を超える国はないが、フィリピンを除き、1000万円は確保できている。

経営企画マネジャーの最高年収はシンガポールの2490万円(30万シンガポールドル)。日本は1600万円で6番目だが、多くの国が1800万~1300万円のレンジに入っている。

内部監査マネジャーも日本は1600万円というのが最高年収額だ。1位は米国の2034万円(18万ドル)で、こちらも1800万~1300万円前後のレンジに収まっているのが特徴となっている。

決済担当は、2カ国のみの比較だが、日本が1500万円でトップ。法令関係の助言を行う、コンプライアンス・アドバイザリーは、日本は2番目の2300万円で、弁護士資格を持つ人が務める場合もあり、報酬も高いようだ。トップはシンガポールの2905万円(35万シンガポールドル)である。

人材関連や製造、営業は日本が高水準

人材関連の職種になると、日本の報酬が高い。外資系企業が国内の優秀人材を集めるため、人事部門に注力しているからだろう。

人事や採用を司る人事ディレクターは、日本が3550万円で、8カ国中最高額だ。人事ビジネスパートナーは、経営方針に沿って社内の人事制度を設計する仕事だが、こちらもシンガポールの3320万円(40万シンガポールドル)に続き、日本が2100万円という数字。3位以下が1000万円台前半にとどまっていることを考えると、日本では需要の高い職種といえるだろう。採用を担当するリクルートメントマネジャーは、日本が1550万円で、こちらもシンガポールに次いで2番目の数字となっている。

次ページCIOやCTOの年収は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT