ナイキの知られざる誕生秘話はここまで熱い

2018年の今だからこそ響く創業者の言葉

ナイキ創業者フィル・ナイトの自伝『SHOE DOG』は小社より発売中(撮影:今井康一)
思っている以上に時間は短く、人生は朝のランニングのように束の間であることを、私は痛切に感じていた。だからこそ自分の時間を意義あるものにしたかった。目的のあるもの、創造的で、重要なものに。そして何より……人とは違ったものに。
私は世界に足跡を残したかった。
私は勝ちたかった。
いや、そうじゃない。とにかく負けたくなかったのだ。
そして閃いた。私の若き心臓は脈打ち始め、ピンクの肺は鳥の翼のように膨れ上がった。木々が緑に染まるのを見ながら、私は自分の人生もスポーツのようでありたいと思った。(4ページより)

未来への野望

ナイキの創業者であるフィル・ナイトによる著作『SHOE DOG(シュードッグ)』(フィル・ナイト著、大田黒奉之訳、東洋経済新報社)は、24歳だった彼が夜明け前のオレゴンを走りながら思いを巡らせる、このような描写からスタートする。

『SHOE DOG』特設サイトはこちら

この冒頭の数ページで心をわしづかみにされてしまうのは、未来への野望でいっぱいになった著者の思いがはっきり伝わってくるからである。並走しながら澄んだ空気を吸っているような、さわやかで、熱いリアリティがあるのだ。

そしてこの日を境に、彼は“馬鹿げたアイデア”の実現のため動き出す。オニツカという会社のブランド「タイガー」のかっこよさに魅了されていたため、神戸のオフィスへ赴き、タイガーのシューズをアメリカで売りたいと交渉するのである。

次ページいくつもの奇跡を起こす
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?