幻の五輪競技「犬ぞりレース」を知ってますか

1932年「一度だけ」行われた競技の史実は?

オリンピックの犬ぞりレースは、どんなものだったのかを見てみましょう。

Q5. レースに参加したのは?

アメリカとカナダの2カ国から、優れた技量を持った13チーム(アメリカ8、カナダ5)がエントリーしました。ただし、実際に競技に出場したのは12チーム(アメリカ7、カナダ5)です。

1周40km、2日間の長丁場

Q6. レースはどんなルールで行われたのですか?

単なる「見せ物」ではない、かなり「本格的」な内容でした。

競技には、市街から郊外を巡回する25.1マイル(約40.5km)のルートが設定され、このコースを各チームが2日連続で走行して、合計タイムで順位が決定されました。

スタートは一斉ではなく、午後2時15分を皮切りに、指定された順に3分間隔で出発しました(翌日は逆順から)。

Q7. そりは何頭の犬が引いたのですか?

当時の一般的な編成とされた、先導役1頭と牽引役6頭からなる「計7頭」です。

途中で走れなくなった犬は、「マッシャー(操縦者、ドライバー)」のそりに乗せ、必ずすべての犬とともにゴールしなければ失格となります。

Q8. レースに用いられたのは、どんな犬ですか?

おなじみのハスキー犬、または盲導犬でも知られるラブラドールや、これらをかけ合わせた犬種などさまざまでした。

次ページレースに「熱狂」した理由は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。