韓国と中国の「犬を食べる文化」は悪なのか

犬肉料理を振る舞う地域を実際に回ってみた

中国の玉林市の犬肉祭り。店頭で調理している様子(筆者撮影)

韓国や中国の一部地域では一般的に犬の肉が食べられている。アジア内で犬肉を食べる地域は他にもあるが、韓国と中国が槍玉に挙げられることが多い。

世論では犬肉を食べること自体がそもそも「悪」だという論調も強い。犬肉を食べる文化がある国の人たちを「文明が低い」と嘲るような風潮があるようにも感じられる。

実際に、現地ではどのように犬肉が取引され、どのように食べられているのか。筆者は、韓国ソンナム市のモラン市場、韓国プサン市のクポ市場、そして毎年犬肉祭りが開催される中国の玉林(ユーリン)地区に足を運んだ。

韓国・ソンナム市のモラン市場

まずは2014年夏、韓国ソンナム市のモラン市場を訪れた。モラン市場は毎月4と9のつく日にだけ開催される総合市場だ。東京ドーム約165個分という膨大な広さであらゆる物を売っている。野菜、フルーツ、穀物、日用品などが山積みで並べられる。

にぎやかな市場を歩いていると、獣の臭いがしたので目をやると、オリに入れられた動物たちがいた。

ウサギ、ヤギ、アヒル、ニワトリ、猫、そして犬も並んでいた。

日本人である僕にとっては、犬はやっぱり愛玩動物であり、食材として扱われているのを見るとやはりギョッとしてしまう。

オリの中に詰め込まれた犬たち(筆者撮影)

しかも訪れた日が真夏だったので、オリの中にギュウギュウに詰め込まれた犬たちは、暑さでバテていた。ぐったりして地面やオリにあごをつけて眠っている。

お店によっては大型の扇風機で犬に風をあてている。しかし扇風機は汗をかかない犬にはほとんど効き目がない。さすがにかわいそうだと思った。

店頭には台型の冷蔵庫が置かれ、捌かれた犬肉が並べられて売られている。お客さんの多くは、その肉の部位を買っていた。中には、犬を一匹生きたまま買って、バイクの後ろに載せて持ち帰った強者もいた。

次ページ犬肉料理が食べられるお店へ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。