幻の五輪競技「犬ぞりレース」を知ってますか

1932年「一度だけ」行われた競技の史実は?

Q12. オリンピックでのレースの模様は?

セパーラ選手も参加したレークプラシッドオリンピックの「犬ぞりレース」では、予想どおりの熱戦が繰り広げられました。

レースのスタートはレークプラシッド中心部のオリンピックスタジアムで、その後は郊外の大自然に囲まれた美しい風景の中、雪に覆われた州や郡の道路、乗馬などで使われる細い林道などを巡回するコースでした。

『いっきに学び直す日本史』は「教養編」「実用編」合わせて20万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ただし平坦な場所ばかりではなく、途中には心臓破りの丘や、後半のアップダウンが続く農場地帯などもある、かなりタフなコース設定となっていたため、スタジアムにゴールすると同時に昏倒するマッシャーもいたほどです。

そして1日目の結果は、1位「ゴダード選手」(2時間12分5秒)、2位「セパーラ選手」(2時間13分34秒)と、その差はわずか1分余り。いきなり接戦にもつれこんだのです。

Q13. 優勝したのはどちらの選手ですか?

勝敗が決する2日目のレースをこの目で見届けようと、2日目もスタジアムはもちろん、40kmに及ぶ沿道にも多くの観衆が詰めかけ、会場は熱気に包まれました。

チェックポイントから逐次報告され、掲示板に表示される各チームの通過タイムに観衆がどよめく中、栄冠を手にしたのは、この日もトップのタイムでゴールしたカナダの「ゴダード選手」でした。合計タイムは4時間23分12秒。「セパーラ選手」も健闘したものの、惜しくも4時間31分1秒の2位という結果に終わりました。

歴史には「埋もれた興味深い話」がたくさんある

ところで、この「犬ぞりレース」に出場していたアメリカのシーリー選手は、全12チームのうち唯一の女性マッシャーでした。順位は残念ながら最下位(7時間14分46秒)と奮いませんでしたが、堂々の完走を果たしています。

こうして「犬ぞりレース」は、大会全体を通じて最も感動を与えた競技のひとつに数えられる大盛況のうちに幕を閉じました。

今回解説した「幻のオリンピック競技」のように、歴史に埋もれた興味深い話は数多くあります。歴史を知れば、「世の中」が違って見えます。ぜひ歴史を学び直すことで、知識や教養と同時に、「知的な楽しみ」を体験してみてください。歴史を知ることは、それだけで楽しいものだからです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。