幻の五輪競技「犬ぞりレース」を知ってますか

1932年「一度だけ」行われた競技の史実は?

今回も、よく聞かれる質問に答える形で、解説しましょう。

Q1. 「レークプラシッドオリンピック」とは何ですか?

1932年2月にアメリカ北東部、ニューヨーク州のリゾート地、レークプラシッドで行われた「第3回冬季オリンピック」です。

この頃はまだ種目も少なく、正式競技の5競技14種目(スキー、男子スピードスケート、フィギュアスケート、アイスホッケー、ボブスレー)と、「公開競技」として3競技5種目が行われました。ちなみに同地では、1980年にも再び冬季五輪が開催されています。

犬ぞりレースは「公開競技」のひとつだった

Q2. 「公開競技」とは何ですか?

オリンピックの主催国で根付いている特有のスポーツ、または多くの国に広まっているスポーツをオリンピック競技として実験的に実施 (デモンストレーション)するものです。

このときのレークプラシッドオリンピックでは、「女子スピードスケート(3種目)」「カーリング」、そしてアメリカと北アメリカ大陸の先住民族のスポーツとして「犬ぞりレース(Sled Dog Race)」が採用されました。「女子スピードスケート(3種目)」と「犬ぞりレース」が公開競技に採用されたのは、このときが初めてでした。

女子スピードスケートとカーリングはその後、広く世界に普及し、現在は正式種目となっていますが、犬ぞりレースはこの大会で「1回」開催されたのみで、以降は行われませんでした。

Q3. 犬ぞりレースはなぜ正式競技にならなかったのですか?

当時、犬ぞりレースはまだ北米の一部地域に限られたローカルスポーツにすぎず、競技の認知度も含め、世界的な普及にはおよばなかったためです。

Q4. 「犬ぞり」はスポーツですか?

はい。極北の地に生きる人々にとって、犬ぞりは「スポーツ」であり、同時に「不可欠な生活手段」でもありました。

厳しい冬の季節には、氷雪に覆われる大地を自由に横断し、郵便物や生活物資を定期的に輸送していたのが、この「犬ぞり」でした。

次ページ公開競技とは思えぬ「本気度」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。