豊臣秀吉の「接待」は、驚くほどスゴかった

「コスパ抜群!ハイリターン」その手法は?

一見、費用の回収が不可能にみえるような「接待」「接遇」も、秀吉の手にかかれば十分なハイリターンが戻ってきます。

天下統一に向けた先行投資

【接待2】豪華4泊5日、天皇を自宅にご招待 ~聚楽第行幸~

天正16(1588)年4月、秀吉は京都に造営した公邸「聚楽第」に後陽成天皇を招きました。

天皇が臣下(武士)の屋敷へ行幸するのは、なんと151年ぶりの出来事でした。初日の豪華絢爛な大行列をはじめ、計5日間にわたる饗宴や儀式では、これまでの前例を凌駕する贅が尽くされました。

この間、秀吉は手始めに銀5530両余と米800石を天皇に進上すると、そのほかにも黄金、刀、衣装、馬などを饗宴の合間にその都度、献上し続け、最終的に天皇が御所に還幸するときの「お土産」が、なんと特大衣装ケース50箱分にもなったほどでした。

この行幸では、同席した公家衆や諸大名にも「お土産」がもれなく配られており、秀吉の財力に誰もが圧倒されました。

一方で、秀吉はこの機会を利用し、饗応とは別に、徳川家康ら諸大名を「天皇の目前」で自分の命令に服するよう誓わせるなど、天皇の権威を後ろ盾に、諸大名へ政権の正統性もアピールしました。

その結果、ついに秀吉は「天下人」として内外に広く認知され、彼に屈服する大名がその後相次ぐことになるのです。

次ページ「長年の仇敵」も接待・接遇で攻略
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT