豊臣秀吉の「接待」は、驚くほどスゴかった

「コスパ抜群!ハイリターン」その手法は?

敵対する大名の攻略も、武力だけでなく「接待」「接遇」を駆使して成功させました。

仇敵をも心酔させる接待攻勢

【接待3】十数年来の仇敵を2カ月間も手厚く待遇 ~毛利輝元上洛~

天正16年(1588)7月、秀吉は中国地方で最大の勢力を誇る大名、毛利輝元に対して上洛を命じました。

すでに秀吉に恭順の意を表していた輝元ですが、毛利氏は織田信長の時代には秀吉と敵対関係にあり、その行方を周囲も注意深く見守っていました。

ところが、会見の場に現れた秀吉は、輝元の上洛を大いに喜び、さっそく豊臣の姓を与えたのをはじめ、高い官位の便宜を朝廷に図るなど、輝元を厚遇しました。

その後2カ月にわたる滞在中も、輝元は、武家はもちろん公家や文化人、商人など名だたる人物をそろえた秀吉主催の饗宴や茶会に招かれ、さらには秀吉自らの案内で奈良の大仏ほか京都・大坂の名所旧跡や、大坂城の天守を見物しています。

この「手厚い」接遇により、輝元はすっかり秀吉へ傾倒してしまいます。最有力大名の一人でもあった毛利氏が秀吉に屈服した意義は大きく、それこそが秀吉の真の狙いでした。

これによって、表向きは秀吉に恭順を装いつつ、輝元のような有力大名が反旗を翻せばそれ乗じようと企んでいた大名たちも、その拠り所を失い、多くが豊臣家臣として生きる道を選ぶほかなくなったのです。

次ページ人生を投じた「最後の接待」は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT