英語だけじゃない、職場の「言語」問題

「GM」と略したばかりに大混乱?

「大崎事業所にグループミーティングが変更になった」
 「ジェネラルマネジャーの大崎さんが参加する」

解釈がいくつもできるのは、やはり問題です。社内用語をわかって当たり前と判断して、失敗しているケースではないでしょうか?

では、社内用語をどううまく活用すべきでしょうか? 「廃止すべき」とは言いません。ただ、職場のおかれた環境によって注意が必要です。

・組織再編(別の会社の社員が職場にやってくる)
 ・中途採用(即戦力として競合会社の社員が転職)
 ・業務外注(依頼先の会社の社員が社内に常駐化)

など、社内用語を知らない関係者とかかわる機会がさまざまな会社で増えることでしょう。そんなときに大事なのは「お・も・て・な・し」と言いたいところですが、その前に大事なのは、

“気配り”

でしょう。理解できない社内用語に困る人が出ないように「社内用語集」などを作成。あるいは「つい」使ってしまった社内用語にポカーンとする様子があれば、

「すいません。いま使った『サチる』とは、サーチレーションからの造語で、信号がある一定より上昇しなくなることを意味します」

などと解説を心掛けるべきでしょう。

これまでは細かなコミュニケーションを省くために使っていたのに、「社内用語を知らない人にイチイチ説明するのは面倒」と感じるかもしれません。ただ、この気配りができないのであれば、若手社員の意見のように、社内用語はやめるべきかもしれません。あなたの職場では、どうですか? 気配りをしてでも社内用語を使うのか。それとも、やめてしまいますか?
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。