iPhone、今選ぶのであればどっちがいいのか

年末年始に買い換える場合の基礎知識

iPhone X(写真)にするべきか、それともiPhone 8、8 Plusにするべきか…(筆者撮影)

年末年始の休暇は、スマートフォンの買い換えに最適である。新しいスマホの環境整備やデータ移行にはそれなりの時間が掛かるし、そもそも新機種に慣れるのにも時間が必要だ。休暇中に買い換えれば、余裕を持って新年の仕事始めを迎えられる。

現在、機種変更の手続きに必要な労力はあまり大きくない。データのバックアップや移行のためのアプリが用意されていたり、多くのアプリがデータをクラウドに保存しているため、AndroidとiOS間でOSをまたいだとしても、多くの場合円滑に機種変更できる。

本稿では2017年9月から11月に発売されたiPhoneを振り返り、機種選びのポイントをお伝えしていこう。

iPhone Xか、iPhone 8か

2017年のiPhone選びは、まったく新しいコンセプトで登場したiPhone Xを選ぶか、それともこれまでのiPhoneを引き継いだiPhone 8シリーズを選ぶか、という二択から始まる。

左からiPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plus。サイズとしては、iPhone 8に近く、iPhone 8にケースを装着すると、iPhone Xと同じような握り心地を再現できる(筆者撮影)

iPhone Xは、有機ELディスプレイをiPhoneとして初めて採用し、10年間採用し続けてきたホームボタンを廃止したまったく新しいスマホとして登場した。また10周年記念モデルの意味合いもあり、iPhone 8ではアルミニウムだったフレームは、ステンレススチールが採用され、特に磨きのステンレスとされたシルバーモデルは、iPhone Xならではの印象を与えてくれる。

最上位機種らしい演出も数多く見られるiPhone Xだが、あくまでiPhone 8を基に作られており、多くの部分で機能や性能を共有している。

次ページiPhone 8とiPhone Xの共通機能とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。