iPhone、今選ぶのであればどっちがいいのか 年末年始に買い換える場合の基礎知識

拡大
縮小

ノートパソコンで仕事をしているときに、その右側にiPhoneを置いて、届いたメールや通知などを確認することが多い場合だ。Touch IDを採用しているiPhone 8やiPhone 8 Plus、それ以前のモデルでは、指紋登録済みの指でホームボタンを押し込むだけで、すぐにiPhoneの画面を操作することができる。

ところが、iPhone Xの場合、内側にあるカメラで顔認証をしなければならない。つまり、iPhone Xに触れただけではロック解除はできないのだ。iPhone Xを手に取って、自分の顔の方に傾けるか、顔認証ができるようiPhone Xの真上に顔を動かさなければならない。これはFace IDの面倒な点だ。

ディスプレイの違いは?

iPhone XとiPhone 8シリーズでは、性能面での大きな違いはない。またiPhone Xが採用したフリック操作と新しい生体認証のFace IDも特段慣れを必要とせず、すぐに馴染めるだろう。

iPhone XとiPhone 8のもっとも大きな違いは、ディスプレイとカメラである。

iPhone 8は4.7インチ、iPhone 8 Plusは5.5インチのRetina HDディスプレイを搭載している。これに対してiPhone Xは、有機ELを採用した全面を画面とした5.8インチSuper Retinaディスプレイが採用された。

ディスプレイサイズだけで比較すれば、iPhone Xが最大サイズとなるが、実際に利用する場合には、少し異なる見方をする必要がある。たとえば、ビデオを再生する場合を考えてみよう。

iPhone 8、iPhone 8 Plusを横長に構えると、それぞれ16:9の縦横比となる。これは一般的なテレビ番組やビデオ配信サービスと共通だ。しかしiPhone Xは、21.65:10(19.485:9)というこれまでとは異なる縦横比を採用しており、16:9の映像を表示すると左右に黒い帯が表示されてしまう。

16:9の映像の縦の長さで比較すると、iPhone 8がもっとも小さくなるが、最も長いのはiPhone 8 Plusだ。iPhone Xは画面の領域自体は最大となるが、横長に構えた場合の縦の長さはiPhone 8 Plusより短くなり、映像を楽しむ際の画面の領域は、iPhone 8 Plusの方が広くなる。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT