カズオ・イシグロに賭けた男の譲れない一線

翻訳本をすべて出す早川書房のこだわり

海外翻訳の目利きとしても知られる、早川書房社長の早川浩氏(撮影:梅谷秀司)
2017年12月10日にスウェーデン・ストックホルムで開かれたノーベル賞授賞式。ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏の公式招待客として、早川書房の早川浩社長も受賞式に出席した。早川氏はイシグロ氏とは17年近い親交があり、同社はイシグロ氏の小説の翻訳をすべて出している。
2017年のノーベル賞では、文学賞のイシグロ氏のほか、経済学賞、物理学賞の関連本も出版しており、ネット上では「ノーベル賞3冠王」と話題にもなった。
海外文学、なかでもミステリーやSF作品が有名な同社だが、それにとどまらず海外作品を数多く日本に紹介してきた。
海外翻訳の目利きとしても知られる早川氏に、イシグロ氏とのかかわりや翻訳ビジネスについて聞いた。

カズオ・イシグロで110万部の大増刷

――ノーベル賞の受賞式はどうでしたか。

ストックホルムはノーベル賞一色でスウェーデン国民がそれを誇りにしていることもよくわかりました。受賞式の雰囲気にも感激しました。さまざまなイベントに出席したり見学したりして、イシグロ氏とも親しく会話できました。もっとも彼は多忙で公式行事がびっしりあるから、私はあまり邪魔にならないようにしていましたが。

――カズオ・イシグロさんの翻訳は、すべて早川書房から出ていますね。11月にノーベル文学賞の受賞が決まった直後に増刷をされました。どれだけ刷ったのですか。

110万部。

――えっ? ずいぶんと思い切った数字ですね。

思い切ったというよりも、取次(とりつぎ=書籍の卸会社)、それに書店からの要望がありましたから。でもいちばんの大本は読者の要望。その要望に応えようということです。

――そんなに刷って大丈夫なのですか。迷いはありませんでしたか。

全然なかったです。もちろん私1人で決めたことではなくて、編集や営業、プロモーションをやっている者たちと相談して決めました。

(大増刷の判断は)欧米の出版社でも当たり前だと思いますね。イシグロさんの本は海外ではフェイバー&フェイバー社で出ていて、日本では早川書房1社です。出版社が2社、3社に散らばっているのではない。「もっと寄越せ」の声に応えるとしたら当然のことです。(売れ行きについて)心配も憂慮もしていません。

次ページイシグロ氏の本を出すようになった経緯
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT