安倍総理も知らない、シリア問題の真相(上)

またもやインテリジェンス能力のなさを露呈した日本

安倍首相はインテリジェンス強化を訴えるが……(日本雑誌協会代表撮影)

「大の大人が大騒ぎをして、結局は何も起きない。結局、米国のオバマ大統領は何がしたかったんだ?」

この晩夏に世界で起きた一番の出来事といえば、何といってもシリアにおける「化学兵器問題」であった。かねてより「アサド政権側が化学兵器を使用し、無垢な市民を殺害している」と“リーク”されてきたが、「8月21日に1400名以上が大量虐殺された」と西側大手メディアが一斉に報道したことで事態は急変。ついにはオバマ大統領が8月31日に演説を行い、「軍事介入を決意した」と国民、そして全世界に対して宣言するまでに至った。

シリア早期開戦がない、と判断できた理由

だが、私は実は8月22日夕(日本時間)の段階から「早期開戦はない」と判断し、その旨の分析を提示していた。なぜそのように判断できたのかといえば、理由は簡単だ。実はこの日の夕方、大量の「ドル買い」を米欧の越境する投資主体たちがマーケットで入れ始めたからである。しかも期間は3カ月から6カ月にわたる長期のものであった。

ここでまず読者の「思考の枠組み」を整えておかなければならない。わが国では俗に「有事のドル」という。つまり国際社会で軍事紛争ともなれば、これを収められるのは米国であり、超大国である米国は必ず勝つので「米ドルは上がる、だから買っておくべき」というのだ。

次ページ有事のドル買いは「今は昔」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT