女優たちを怒らせたマット・デイモンの発言

#MeToo問題に意見したのがいけなかった

デイモンは、#MeTooムーブメントによって気づかされたと言う。「僕が驚いたのは、僕が話をした女友達全員が経験があるというくらい、広がっていることだ。しかも、複数回経験している人がほとんどだ」

こうした感想を抱くのは彼だけではない。セクハラや性的暴行についての告白の多さは、時に圧倒されるほどだ。

「同じ世界なのに、座標軸がまったく違う感じがする。すべてがひっくり返ったように感じられるのだ」と、ギルモアは言う。

16分間に及ぶ幅広いインタビューの中で、デイモンはハーベイ・ワインスタインについて話し(「彼と映画をつくった人は誰も〈彼のセクハラについて〉知らなかった」)、#MeTooムーブメントの時代に4人の娘を育てることについても話した(「自尊感情を持つように育てなくちゃね。彼女たちのために、自分がいつも代弁してあげることはできないのだから」)。

しかし、オンラインでの怒りに火をつけたのは、最近の「激怒と被害の文化」についての彼のコメントだった。「誰もが生まれつき完璧じゃないんだ。人は向上していくから、生きている意味がある」。

男は理解していない

ミラノはこう答えた。「私たちが『激怒の文化』の中にいるのは、本当に激しく怒っているからだし、そうやって怒るのはまったく正当だ」。

以前デイモンと交際し、1997年の映画『グッド・ウィル・ハンティング』で彼と共演したミニー・ドライバーも、ツイッターで「本気なの?」と驚きを表した。

ドライバーは16日の英ガーディアン紙とのインタビューで、男性は「日常的な嫌がらせがどんなものなのか、単純に理解ができない」と話した。

「同じように理解ができるまでは、女性に対する嫌がらせについて、誰もあれこれ言えないと思う。本当に個人的なことだから、力のある男性が進み出て指図しようとするのは、そのつもりがあったかどうかは知らないけれど、本当にしゃくに障る」

(執筆:Christina Caron、翻訳:東方雅美)
© 2017 New York Times News Service

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT