簡潔!相手の心を動かす「15語以内」会話術

伝説のスライドは、たった3語だけ

実はこの作業は、簡単なようで意外と難しいものです。実際にやってみると、スライドの表紙に自分で書いてあったタイトルと、コア・メッセージが一致しないこともよくあることです。

自分でつくったスライドからコア・メッセージを導き出す作業に悩んでいる研修参加者に対して、私は次のように質問します。

「自分自身でさえプレゼンのコア・メッセージがはっきりしないのに、それを聞かされる聞き手は、どうやったらあなたのコア・メッセージを受け止められるのでしょうか」

そもそも、「話す目的」が明確になっていますか?

実際に「コア・メッセージ」や「伝えたいことの全体像」を考える際に、最初に取り組むべきことがあります。

それは、「自分が話す目的」「プレゼンの目的」を明確にするということです。「そんなこと当たり前だ」という声が聞こえてきますが、意外とこの部分がしっかりと定まっていないプレゼンが多いのです。

プレゼンをする本人には目的が明確であっても、聞き手にはそれが十分に伝わっていないケースがよくあります。

私は、幹部向けのプレゼン研修では、「プレゼンの目的は大きく『1.説得すること』か、『2.情報を伝えること』のいずれかである」と教えてきました。もちろん、意思決定権者を説得するためには、その前段として情報を伝えることが必要になります(この2つの大目的をかみ砕いた中目的としては、「『意思決定』をしてほしい」「何かの『行動』を取ってほしい」「自分の提案を『受け入れて』ほしい」「情報の『共有』をしたい」の4つがあります)。

日本人が行うプレゼンでありがちなのは、本来の目的が「説得すること」なのに、前段の「情報を伝えること」で終わってしまうことです。

相手を説得するためには、具体的に「予算を2億円増やしていただきたい」とか、「本プロジェクトを立ち上げることを承認していただきたい」など、相手に取ってほしい「行動」をリクエストしなくてはなりません。そして、その行動を取ることについて、相手に賛同してもらうことが必要です。

『世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられているプレゼンの基本』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ところが日本人は、謙虚すぎるのか奥ゆかしいのか、はたまた人に何かを要求することに慣れていないのか、具体的なリクエスト内容があいまいであることが多く見受けられます。ふわっとした「お願い」程度のことだけを述べて、「この後に私がお願いしたいことはお察しください」とでも言いたいような表情を浮かべる人もいます。

こうならないためにも、プレゼンの目的をしっかりと定める必要があります。

そして実際に話す(プレゼンする)際には、「最初にその目的を言ってしまう」ことです。

自分がこれからしようとするプレゼンの目的は、どれにあたるのかを考えてください。そのプレゼンの目的によって、メッセージのつくり方も、伝え方も変わってきます。まずはしっかりと目的を定めて、実際のプレゼン実施までの全行程の間、目的を見失ったり、ぶれたりしないように気をつけてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT