日テレ「先僕」が描く、学校のリアルな課題

「HERO」「龍馬伝」の脚本家・福田靖氏に聞く

教育現場の描写がリアルだと話題の「先に生まれただけの僕」。12月16日(土)に最終回を迎える(編集部撮影)

「将来役に立たないことをなぜ学校で学ばなければならないのか?」――この問いに答えられる大人が一体どれほどいるだろうか。

「ぼくには夢があるので、大学には進学しません」この高校生の決断に対して、夢を追いかけることを応援し、「大学には行かなくていい!」と言える大人がどれくらいいるだろうか。では、「夢なんて甘ったれたこと言ってないで大学に行け!」という大人は?

「勉強したほうがいい」「夢を持つことは大切だ!」、そんな言葉は世の中にあふれている。しかし、このメッセージの背景や真意に一歩踏み込むと、そこには多くの葛藤がある。だからこそ、その葛藤には触れずに距離を置く。そんなことを聞かれても答えられないから、できるだけ聞かれたくない、それが多くの大人の本音ではないだろうか。

VUCA*の時代が到来し、先行き不透明でこれまでの正解が通用しなくなる中で、若者が持つ「学ぶことの意味」に対する疑問や「将来の夢と大学進学どちらを選ぶか」という悩みに、大人が向き合わなければいけない場面は増えていくだろう。

(*注:不安定で不確実で複雑で曖昧な現代社会を指す言葉。Volatility,Uncertainty,Complexity,Ambiguityの頭文字をとっている)

教育現場も、社会の大きな変化のなかで変革が求められている。主体的に学び、新しい価値を生み出し、自分たちの力で未来を創り出していける生徒を育てていくような、そんな教育が求められている。そういった教育が求められるとき、大人と子ども、先生と生徒の関係はこれまでとは一変する。大人がこれまで培った知識を伝える「伝達者」で、子どもはそれを受けとる「享受者」であれば、大人は「先に生まれた」存在であることでその立場を維持することができ、子どもは疑問を持たずに大人からの指導を受ける。

しかし、みんなが追い求める正解像がなくなり、ITをはじめ次世代のほうが詳しく、しかも可能性の大きな領域がどんどん広がるなかで、子どもたちは「学ぶ意味」や「将来への不安」をストレートに大人にぶつけてくるようになる。そしてこれまで通説だった「いい会社に就職するために勉強するんだ」「安定のためには大学に行け」という回答では彼らは納得しなくなっている。そのとき、大人が「先に生まれた」意味を改めて問われることになる。

教育現場で話題のドラマ「先僕」

現在放送中の日本テレビ『先に生まれただけの僕』は、嵐の櫻井翔さん演じる先生経験ゼロ、営業一筋の会社員が、所属企業の傘下にある私立高校の校長に就任するというストーリーだ。毎回、「スクールカースト」や「デジタル万引き」など学校にまつわる現代の問題を取り上げ、主人公がビジネスの論理を振りかざし解決しようとする。解決策のちぐはぐさや、先生からの反論も大胆に描かれているが、そのリアルさが教育関係者の中で大きな話題になっている。

脚本を手掛けた福田靖氏は、「HERO」「龍馬伝」「海猿」など、数々の人気ドラマや映画を手掛けたヒットメーカーであり、業界では知らない人がいない超有名人だ。

福田氏は今回ドラマの中で、これから多くの大人が出会うであろう葛藤や苦悩を先取りし、そのときのあるべき姿を示してくれているのではないかと思う。ドラマ史に残るヒット作を生み出してきた福田氏が、なぜいまあえて「学園もの」を選んだのか、本人に聞いた。

次ページ当初依頼されたテーマはまったく違った
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。