子どもの英語教師はネイティブでなくていい

英語を自然に身に付けるのに必要なこと

よく「英語を学ぶならネイティブスピーカー」という意見を聞きます。英語のネイティブスピーカーとは、英語を母語にもつ人という意味です(最近は第2言語として英語を流暢に扱える人も、ネイティブスピーカーと呼んでいます)。子どもが英語を習うのには、本当にネイティブに習うのが最良なのでしょうか。実はこれは必ずしもそうとは言えません。

理由の1つは、英語を聞く「時間」が短すぎることにあります。確かにネイティブの英語は流暢なので、その自然な英語を耳にできることは学習者にとっては価値があります。

しかし、英語を本当に身に付けようとするのであれば、週に1回のレッスンでネイティブの英語を聞く程度では、十分ではありません。母語に近い形で英語を習得するには、まずは多くの英語音声を聞く必要がありますが、1回60分のレッスンだったとしても、先生の英語を耳にするのは数十分程度。それでは、英語の音声に慣れ親しむには不十分です。

英語をいつでも聞ける環境を作ればいい

赤ちゃんは母親の語りかけだけでなく、母親と父親の会話やほかの大人の会話、もしくは周囲の兄姉の言葉を聞いて真似をし始めます。母語と同じ量の英語を耳にすることは不可能に近いですが、できるだけ多くの英語を耳にする必要はあります。ですから日常生活の中に自然に英語を耳にできる環境を作り、子どもが多くの英語音声を聞けるようにするのが望ましいのです。

たとえば、英語音声が収録されているCDを日常生活の中で流すと、子どもは英語を耳にすることになります。内容は子どもが好んで聞くことのできる物語や歌で、英語だけでは内容を理解することはできませんから、英語と日本語の両方が収録されている作品がいいでしょう。

朝起きるとき、おやつのとき、おもちゃで遊んでいるときなどにかけ、存分に英語の音声を耳にします。そのときに子どもはじっと英語を聞いている必要はありません。子どもは聞いていないようで聞いているので、「ながら聞き」で十分です。何をどのように聞くかといったことを、日本語話者の指導者は子どもの様子を見ながらアドバイスすることができます。

次ページ日本語を話せる教師の優位性
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT