子どもの英語教師はネイティブでなくていい

英語を自然に身に付けるのに必要なこと

以前、「子どもには普段から英語で話しかけてます」とお話しされるお母さんと、お子さん(2歳女子)に出会ったことがあります。そのお嬢さんは日本語がきちんとできないころから母親には英語で話しかけられていたのです。留学経験のあるお母さんが彼女に話す英語は命令や指示が多く、子どもに発語や笑顔が見られなかったのが印象的でした。彼女はお母さんに話しかけられて戸惑っていたのかもしれません。

お茶の水女子大学の内田伸子教授(発達心理学・認知心理学)も、『ことばの学び、英語の学び』で、「母語の土台がしっかりしていれば、第二言語の習得が容易」になると指摘しています。

日本語能力は外国語取得に役立つ

たとえば、3歳から13歳まで親の転勤でカナダに移住した子どもがいました。彼女は家では日本語、学校では英語の生活を送っている内に、発音はネイティブスピーカー並みになったけれども、小学校高学年になると学力が落ちてしまったそうです。発音はできても、読み書きを伴った学習言語としての英語の読解力に問題があったからです。

一方、ある調査によると、ネイティブスピーカー並みの読解力を身に付けるのが最も早かったのは、7歳から9歳まで日本にいてカナダに行った子で、次が小学校まで日本語で学習を受けた10~12歳だったそうです。つまり、外国語を身に付けるには、言葉を相対化する必要があり、まずは自分の母語をしっかりと身に付けることが不可欠だということがわかります。

どの言語にも共通する「メタ言語能力」があると、外国語の習得も容易になります。母語である日本語を話せるだけでなく、日本語について知っていると、英語を学ぶ際に役に立つのです。どんな言語でもネイティブは「母語はわかっている」と思いがちですが、ネイティブほど母語については知らないものです。

文部科学省は現状把握として、「小学校低学年における学力差は、その後の学力差に大きく影響すると言われる中で、語彙の量と質の違いが学力差に大きく影響しているとの指摘もあり、言語能力の育成は課題となっている」と、日本語能力向上の必要性を認めています。日本語の土台をおろそかにしたまま、英語を学ぶことは本末転倒になりかねない、ということです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT