ラッセル・クロウも批判する豪州の難民施設

閉鎖した難民問題がさらに泥沼化

この異常な事態に今、オーストラリア国内だけでなくアメリカCNNやニューヨーク・タイムズ、英紙ガーディアンやBBCなど世界中のメディアが問題視。各地でのデモ活動なども含めて相次ぎ報じ始めている。

メルボルンやブリスベンなどオーストラリア各地で難民政策を非難して抗議を示す市民ら

ハリウッド俳優も過酷な現状を糾弾

そして、ハリウッドの実力派映画俳優、ラッセル・クロウもソーシャルメディアを通じて声を上げた。施設が閉鎖された翌日の今月1日、ツイッターで「マヌスの収容施設は、オーストラリアの恥だ。この上ない不名誉である」と投稿。さらに「施設内に収容されている6人の難民に家と仕事を探すことが可能だ。同じことをほかのオーストラリア人もすると信じている」と、自ら難民を受け入れる意思があることを表明したのだ。

映画俳優ラッセル・クロウ氏のツイッターより。自ら難民を受け入れる意を表明
次ページ命からがら逃れてきたという24歳の男性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。