ラッセル・クロウも批判する豪州の難民施設

閉鎖した難民問題がさらに泥沼化

収容されているあるロヒンギャ難民の男性はひどい腹痛を訴え、一時的に意識不明の状態に陥ったほか、1日早朝には精神的に疲弊した収容者の男性が腕や胸を自らナイフで切りつけるなどの騒ぎも起きたという。

安全な寝場所の確保もままならない

飲用水を求めて土を掘る難民申請者。煮詰めて塩や砂糖を加えて飢えをしのぐ。11月1日撮影
雨が降り注ぐタイミングでシャワー代わりに体を洗う収容者たち
安全な寝場所の確保もままならない深刻な状態が続いている。11月6日撮影
火を起こしてわずかに残ったミルクを沸かす収容者
次ページ世界中のメディアが問題視
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。