東京五輪決定は、観光大国への第一歩

ぐっちーさんが読む、ちょっと先のマーケット

どうも日本の皆様は「製造業の輸出競争力が……」という話は得意で、そちらには予算も膨大なものを使うわけですが、この「観光立国をめざし、観光業を大きく育てましょう」と言う話には、あまり積極的にならない人が多いのです。どうやら、「どうせ、観光業なんてやってもたいしたことないだろう」と端から思い込んでいる方もかなりいらっしゃるようです。しかし、答えはノー!です。

日本は内需大国、消費活性化にも観光産業はうってつけ

日本の輸出依存率は11%~15%といったところがせいぜいで、逆に言うと残りの80%を占める国内消費関連(交通サービスなども含む)を成長させることの方が、はるかに効率が良いわけです。労働人口の減少と、ますます進む高齢化でシュリンクしてきた消費市場を一発で復活させる起爆剤として、外国人観光客はうってつけなのです。

さらに観光業は、雇用効果も大変高いのです。実際に国内旅行者のみで見てみても、ここ数年25兆円から30兆円の支出があり、それによる雇用は460万人、総雇用者の何と7%がすでにこの産業で賄われていると言えば、この産業のもつ潜在力がわかって頂けますか?

次ページ高齢者が大活躍できる、観光産業
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT