「トヨタのできる人」が365日実践する3大習慣

生産性の高い職場ほど「ラクをする」

できる人が日々実践している習慣とは?(写真 : Wayne_PHOTO / PIXTA)
昨今、「生産性向上」が日本企業の大きなテーマになっています。しかし、「実際に生産性を上げるためにどうすればいいの?」と悩むビジネスパーソンも少なくありません。
1兆8311億円(2017年3月期)もの純利益を生み出す一方で、1台の自動車を60秒足らずで生産し、生産性向上に日々努めてきたトヨタでは、どのような方法で生産性を高めているのでしょうか。トヨタで40年の経験をもつトレーナーたちが日々実践してきた習慣を紹介した『仕事の生産性が上がる トヨタの習慣』の中から、トヨタのできる人が日々実践している習慣を3つ紹介します。

習慣①ラクをする

当然ですが、仕事は大変である必要はありません。同じ成果を得られるのであれば、「ラク」に仕事ができたほうがよいに決まっています。実は、トヨタでは生産性の高い仕事をしている人ほど、ラクに仕事の成果を出せるよう日々改善しているのです。

トヨタ生産方式を支えているのが、「改善」です。徹底的にムダを省き、生産効率を上げるために、今よりもさらによいやり方に変えていく。この改善活動に全社員で取り組んでいるところに、トヨタの大きな強みがあります。

改善は、言い換えれば、現場の「困った」を解決することでもあります。どんな仕事にも「困っていること」があるはずです。「これまでずっとこのやり方で続けてきたから」という理由で、しかたなく続けている作業も存在します。

OJTソリューションズのトレーナーが改善指導を行っている企業で、こんなことがありました。ある部品を取り付ける生産ラインでは、作業者が毎回、床に置かれた箱の中から部品を取り出していました。そのたびに、作業者はかがまなければならないので、ひざや腰に負担がかかります。しかし、ずっとこの方法で作業をしてきていたため、作業者は「そういうものだ」とあきらめ、不満を口にすることなく、この動作を繰り返していました。

そこでトレーナーは、作業者がわざわざかがまなくても部品を取り出せるように、作業台の上に部品を置くスペースをつくるようアドバイスしました。すると、体をほとんど動かすことなく、部品を取り出せるようになり、作業スピードもアップ。何より作業者が、「これまでよりずっとラクになった」と喜んでくれました。

次ページ困りごとは、改善を生む“金の卵”
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT