8大テーマで見つける、新成長ビジネス100

伸び盛りの100社をピックアップ

成長のための投資を決断するタイミングとしては、今がラストチャンスかもしれない──。

左のグラフに見るように、日本経済は拡大基調を強めている。第一生命経済研究所の永濱利廣主席エコノミストは「アベノミクスは今のところ当初の想定以上に順調に来ている」と評価する。

9月2日に財務省が発表した2013年4~6月期の法人企業統計では、金融・保険を除く全産業の経常利益が、前年同期比24%増と高い伸びになった。企業収益が改善してきているのだ。日本企業に、設備投資や研究開発投資を拡大させる余力が生まれつつある。

だが、世界のマネーが凍り付いたリーマンショックから5年しか経っていない。企業は慎重なうえにも慎重だ。何せ今回の景気回復の起点となっているのは、政府と日本銀行の大胆な金融緩和による円安株高だ。「異次元」の緩和を行っているだけに、日本銀行のバランスシートは大きく膨張している。次に経済が悪化したとき、政府や日銀の打てる手は限られる。

となると、今回の経済拡大で投資余力が生まれているうちに、次の成長の種をまいておかなければ、今後必ず訪れる景気後退局面で、ジリ貧になりかねない。そのときのダメージをヘッジできるような投資先を、企業は目の色を変えて探している。成長分野を探すにはどうしたらよいか。

次ページ自動車業界で生まれた画期的な新技術
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT