デキる人は「他人は別の惑星の人だ」と考える

ドイツ人が、自分に誇りを持てるワケ

一方、日本人は、いま必要な対処法を考えるより先に、できない理由や失敗の理由を探ろうとします。しかし、できない理由ばかりを考えていたら、責任を追及する=批判をすることになりますから、仕事に対するモチベーションが下がります。そのうえ、失敗を個人のせいにすると、部下は失敗を恐れるようになって自分で決断しなくなります。生産性を妨げることにつながるのです。

したがって、失敗したら、まず迅速に報告してくれたことには謝意を表明して報告に耳を傾ける。

一見、相手を甘やかす行為のように感じるかもしれませんが、失敗を報告してくれたことだけを褒めればいいのです。そうすれば、それからもミスやトラブルは報告してくれるようになります。組織にとってはそのほうが助かるのは言うまでもありません。

「ルールを改善する」考え方

実は、英語にもドイツ語にも、日本語の「反省」にニュアンスの近い言葉はありません。

なぜなら、失敗したら反省するのではなく、「次はどうしたらいいか?」と前向きな分析をするからです。日本人のように「もう二度とこのような失敗は繰り返しません!」と猛省するのは、彼らには通じにくい感情かもしれません。

これは、たとえるならテニスの試合と同じです。テニスはポイントを取られても、失敗した、得点を取られたとクヨクヨしている時間はありません。次のプレーに向けて気持ちを切り替えないと、さらにポイントを取られるだけです。そして、最後に勝てばいい。

失敗の原因については考えなくてはなりませんが、日本のように「やる気が足りない」「いい気になっていた」「油断していた」のような根性論、精神論になることはありません。あくまでロジカルに、合理的に考えます。

極端な話ですが、冒頭のドイツ人女性のように、多少ルールを外れたとしても、その行動が生産性を上げるという目的に合っていれば認められることもあります。

なぜなら、ルールは守るものですが、ルールが現実に合っていなくてうまくいかないのなら、改善するべきだからです。

日本人はルールができてしまったら、そこから1ミリでもはみ出したらアウトという考え方をしがちですが、ドイツ人は必ずしもそうではありません。はみ出したらルールを変えてしまえ、と時には考えるという柔軟性があるのです。そのほうが確実に生産性を上げられます。

ルールに固執していたら、失敗を許せない組織になります。失敗を受け入れられる柔軟な組織にならないと、これからの時代は勝ち残っていけません。

次ページドイツでは「労働者の権利」を重視する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?