サヘル・ローズ「重要なことを報じてほしい」

リニューアル5周年特別対談&プレゼント!

山田:ニュースに対して、どう向き合うか、そしてどう解釈するのか。視座をきっちりと確立するためにも、周りの人と議論することが大切ですね。サヘルさんは今でもお母さんとの議論を続けていますか。

サヘル:最近は毎晩のようにトランプさんのことで激論をしています。というのも、母はトランプさんのことに対して批判的なことはあまり言わない人で、いつも真逆の意見を言ってくるんですよ。

でもそのことによって、いい意味ですごく違った視点も見られる。家族でそういう会話が毎日あるから、新鮮なんですよね。で、いろんな意見がもらえるので、自分の偏った意見に気づかされるし、母に言われてハッとさせられることも多い。だからこそ何かしら一つテーマをあげて、毎日話し合うことは本当に大切なことだと思っています。

山田:身近な人とニュースについての話をしましょう、というのも大事なメッセージですね。難しいニュースであってもきちんと見よう、読もうというだけじゃなくて、そのことについて自分なりに考えて議論をしていく必要がある、と。

視野を広げるのは、まずは会話をすること

サヘル:そうなんです。報じられているニュースって、一つの具材です。具材をみんな確実に毎日1個か2個はもらって帰ると思うので、その具材を最後にテーブルの上に出して、会話の中で調理をすることで一つのおかずができると思うんですよ。

サヘル・ローズ/イラン出身。8歳の時に日本に移住。通っていた小学校の校長に日本語を学ぶ。大学時代はIT専攻。高校時代から芸能活動を始め、J-WAVEでラジオDJデビュー。現在、情報番組のキャスターやリポーター、バラエティ番組や女優業など幅広く活動を展開。将来は児童養護施設をつくるのが夢(撮影:熊倉徳志)

山田:なるほど。具材のままではなくきちんと加工をしなければいけない、と。

サヘル:そうすることによって、もっともっと視野が広がる。身近なところから視野を広げればいいのです。そのためには、まずは会話をすること。そしてお互いにディベート(討論)する大切さ。日本の授業にはディベートの授業がなさすぎると思うんですね。ディベートをどんどんしていきましょう。

山田:ディベートは大切ですね。自分と違う意見があることを認めることが、議論を戦わせる大前提。にもかかわらず、違う意見を潰しちゃおうとする人が多すぎるかもしれません。ところで、東洋経済オンラインは今でも読んでいますか。

サヘル:読んでいますよ。国際ニュースが充実してきた、と思っています。

山田:ありがとうございます。東洋経済オンラインは、引き続き討論をするうえでの正しい具材を提供できるように努力にしていきます。重要なテーマについて賛成派、反対派のディベートをきちんと実施できるような言論空間もつくっていく予定です。つねに進化を続けていきますので、引き続きご愛読ください。

リニューアル5周年感謝プレゼントキャンペーン実施中!こちらからご応募下さい。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。