速報を流さない「スロー報道」が人気化のワケ

「なぜ?」に切り込むスロージャーナリズム

オランダの「コレスポンデント」のウェブサイト。基本オランダ語だが、来年1月に英語版を立ち上げる予定だ(同社サイトより)

ロンドン、パリ、ブリュッセルと頻発するテロやテロ未遂事件、ポルトガルでは森林で大火災、北朝鮮が数回にわたるミサイル発射……。次から次へとビッグニュースが飛び込んでくる今日この頃。ひとつの事件を十分に咀嚼(そしゃく)する間もなく、また衝撃的なニュースが発生する。

瞬時を競って繰り出されるニュースのサイクルに、「待てよ」と反旗をひるがえす動きが発生している。「スロージャーナリズム」、あるいは「スローニュース」と呼ばれる報道である。

スロージャーナリズムの特徴は

基になっているのは、1980年代、イタリアで始まったスローフード運動だ。画一的なファストフードに対抗し、食生活や食文化を根本から変えていこう、自然なスロー(ゆっくり)に立ち戻ろうと提唱した。

スロージャーナリズムはこの流れをくんでいる。

この言葉を最初に使ったのは、英ローハンプトン大学で教えるスーザン・グリーンバーグ氏だったといわれている(2007年2月、英月刊誌『プロスペクト』の寄稿記事)。「調査に時間をかけ、ほかの媒体が見落とすようなトピックを見つけ、最も高い水準」で伝えるエッセー、ルポ、そのほかのノンフィクションを「スロージャーナリズム」と呼んだ。

この言葉自体は新しいが、物語風の長文ジャーナリズムはこれまでにも脈々と続いてきた。英語圏では米国の著名雑誌『ローリング・ストーンズ』『ニューヨーカー』『アトランティック』誌などの長文記事がよく知られている。

スロージャーナリズムには、確固とした定義はないが、その特徴はいくつかある。

1つは、グリーンバーグ氏の言葉どおり、調査に時間をかけ、1つの事件や事象を深く掘り下げることだ。たとえば、オランダの記者アーノルド・ファン・ブラッゲン氏と写真家ロブ・ホンストラ氏は、2007年から数年間かけて「ソチ・プロジェクト」を取材した。

次ページ長年かけて取材した結果…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT