速報を流さない「スロー報道」が人気化のワケ

「なぜ?」に切り込むスロージャーナリズム

オランダの「コレスポンデント」のウェブサイト。基本オランダ語だが、来年1月に英語版を立ち上げる予定だ(同社サイトより)

ロンドン、パリ、ブリュッセルと頻発するテロやテロ未遂事件、ポルトガルでは森林で大火災、北朝鮮が数回にわたるミサイル発射……。次から次へとビッグニュースが飛び込んでくる今日この頃。ひとつの事件を十分に咀嚼(そしゃく)する間もなく、また衝撃的なニュースが発生する。

瞬時を競って繰り出されるニュースのサイクルに、「待てよ」と反旗をひるがえす動きが発生している。「スロージャーナリズム」、あるいは「スローニュース」と呼ばれる報道である。

スロージャーナリズムの特徴は

基になっているのは、1980年代、イタリアで始まったスローフード運動だ。画一的なファストフードに対抗し、食生活や食文化を根本から変えていこう、自然なスロー(ゆっくり)に立ち戻ろうと提唱した。

スロージャーナリズムはこの流れをくんでいる。

この言葉を最初に使ったのは、英ローハンプトン大学で教えるスーザン・グリーンバーグ氏だったといわれている(2007年2月、英月刊誌『プロスペクト』の寄稿記事)。「調査に時間をかけ、ほかの媒体が見落とすようなトピックを見つけ、最も高い水準」で伝えるエッセー、ルポ、そのほかのノンフィクションを「スロージャーナリズム」と呼んだ。

この言葉自体は新しいが、物語風の長文ジャーナリズムはこれまでにも脈々と続いてきた。英語圏では米国の著名雑誌『ローリング・ストーンズ』『ニューヨーカー』『アトランティック』誌などの長文記事がよく知られている。

スロージャーナリズムには、確固とした定義はないが、その特徴はいくつかある。

1つは、グリーンバーグ氏の言葉どおり、調査に時間をかけ、1つの事件や事象を深く掘り下げることだ。たとえば、オランダの記者アーノルド・ファン・ブラッゲン氏と写真家ロブ・ホンストラ氏は、2007年から数年間かけて「ソチ・プロジェクト」を取材した。

次ページ長年かけて取材した結果…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。