速報を流さない「スロー報道」が人気化のワケ

「なぜ?」に切り込むスロージャーナリズム

オランダの「コレスポンデント」のウェブサイト。基本オランダ語だが、来年1月に英語版を立ち上げる予定だ(同社サイトより)

ロンドン、パリ、ブリュッセルと頻発するテロやテロ未遂事件、ポルトガルでは森林で大火災、北朝鮮が数回にわたるミサイル発射……。次から次へとビッグニュースが飛び込んでくる今日この頃。ひとつの事件を十分に咀嚼(そしゃく)する間もなく、また衝撃的なニュースが発生する。

瞬時を競って繰り出されるニュースのサイクルに、「待てよ」と反旗をひるがえす動きが発生している。「スロージャーナリズム」、あるいは「スローニュース」と呼ばれる報道である。

スロージャーナリズムの特徴は

基になっているのは、1980年代、イタリアで始まったスローフード運動だ。画一的なファストフードに対抗し、食生活や食文化を根本から変えていこう、自然なスロー(ゆっくり)に立ち戻ろうと提唱した。

スロージャーナリズムはこの流れをくんでいる。

この言葉を最初に使ったのは、英ローハンプトン大学で教えるスーザン・グリーンバーグ氏だったといわれている(2007年2月、英月刊誌『プロスペクト』の寄稿記事)。「調査に時間をかけ、ほかの媒体が見落とすようなトピックを見つけ、最も高い水準」で伝えるエッセー、ルポ、そのほかのノンフィクションを「スロージャーナリズム」と呼んだ。

この言葉自体は新しいが、物語風の長文ジャーナリズムはこれまでにも脈々と続いてきた。英語圏では米国の著名雑誌『ローリング・ストーンズ』『ニューヨーカー』『アトランティック』誌などの長文記事がよく知られている。

スロージャーナリズムには、確固とした定義はないが、その特徴はいくつかある。

1つは、グリーンバーグ氏の言葉どおり、調査に時間をかけ、1つの事件や事象を深く掘り下げることだ。たとえば、オランダの記者アーノルド・ファン・ブラッゲン氏と写真家ロブ・ホンストラ氏は、2007年から数年間かけて「ソチ・プロジェクト」を取材した。

次ページ長年かけて取材した結果…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT