速報を流さない「スロー報道」が人気化のワケ

「なぜ?」に切り込むスロージャーナリズム

スローニュースの別の例として、「リアリティチェック」というコーナーの常設化がある。ソーシャルメディアで伝わるニュースや政治家の発言、話題になっている事柄の主張が正しいかどうかを検証する。BBCワールドサービスを含むBBCの人材から専門家を集め、情報の検証に当たっている。

スロージャーナリズムはビジネスモデルとしてはどうだろうか。

『ナショナルジオグラフィック』やBBCなど大手の媒体が戦略的視点からこの種のジャーナリズムに投資することは"アリ"だろう。しかし、地球を巡る旅を続けるサロペック氏の場合、大手メディアに寄稿する形であったが、それでもナイト財団からの援助を受けていた。大規模なプロジェクトは高額になりがちだ。

カギを握るのは読者との関係

しかし、ここで紹介した中で大手メディア以外のスロージャーナリズムの実践例を見ると、それほど規模が大きいわけでも、巨額費用が必要とされるわけでもなかった。

当初の創業までにはクラウド・ファンディング、投資家からの資金投入、非営利組織からの支援を得ていた。その後は購読料、イベント料などから収入を得ながら一歩一歩進んでいた。スタッフは数人から二十数人ほど。広告は入っていないか、広告収入に依存していなかった。

スロージャーナリズム、スローニュースのビジネスモデルが成功するか否かのカギを握るのは、有料購読者だ。だからこそ、読者との関係が非常に重要になってくる。

一分一秒を争う、24時間報道体制の反動として生まれたともいえるスロージャーナリズム、スローニュース。日々忙しいからこそ、かつ情報があふれているからこそ、作り手が時間と手間をかけた、「なぜ」がよくわかる、精選された情報を得ることが希少価値となってきた。

「何が起きたか」よりも、「なぜ」を解明しようとするジャーナリズム。スローフード運動のように大きく広がっていくだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT