速報を流さない「スロー報道」が人気化のワケ

「なぜ?」に切り込むスロージャーナリズム

「コレスポンデント」を参考にして、同様のサービスを作り上げたのがデンマークの「ゼットランド(Zetland)」だ。大手紙に勤めていた4人のジャーナリストが立ち上げた。購読料は月では99デンマーククローネ(約1600円)、年間では996クローネ。

出版するオリジナルの記事の本数は毎日、3~4本。あえて本数を少なくしている。「私たちはあふれるような情報を毎日受け取っている。厳選した記事だけを届けたい」(リー・コースガード編集長談)。同時に、毎朝、大手報道機関の記事を要約し、「これだけは読むべき」というレコメンド情報も送っている。

読者との交流イベントも

「コレスポンデント」のように、読者と交流するイベントの開催にも力を入れている。時にはチケットが売り切れになることもあるという。会員数は約7000人で、来春までに1万6000人に増やすのが目標だ。この数字を達成しないと損益分岐点に達しないのである。

既存の大手ニュース機関にもスローの概念が入ってきた。英BBCは最近、「スロージャーナリズム」「スローニュース」の必要性について局内外で語るようになった。

ほかのメディアに先を越されないよう、連日勝負するBBCだが、昨年9月、ニュース部門の責任者を長い間務めてきたヘレン・ボーデン氏が退任前のスピーチで「スローなニュース」の必要性を指摘した。日々のニュースを追いかけるテレビは十分な説明を視聴者にしていないのでないか、と。

BBCのニュース部門を統括するジェームズ・ハーディング氏も昨年末と今年年頭、スタッフに向けてこう語っている。

BBCは「何が起きているか」を伝えることについては非常に優れているが、これからは「なぜ起きているのか」にもっと力を入れるべきだ、としている。ハーディング氏が考えるところの「スローニュース」とは、データジャーナリズム、ブログ、動画などを使って事件全体の文脈を説明するようにすることだ。

次ページビジネスとして成り立つか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT