「あと一歩足りない」、就活生の特徴は何か

「好き」をPR、専門職への固執・・・本当に必要?

こうしたプロセスを伝えることで、企業に「この人はきっと、仕事で何らかの壁にぶつかっても、自ら乗り越えられるだろう」とイメージさせることができるのです。

比べてみて、どの企業を志望したいかわかる

「企業を知る」ことは、「志望動機」を自覚するために重要なプロセスです。刻々と変化し続ける社会で働き続けるためには、困難を乗り越える力が必要ですが、その原動力の多寡をはかるのが「志望動機」。企業としては「この学生は困難を乗り越えられるような強い動機を持っているか」を見たいのです。

ところが、学生は昨今の売り手市場の中で、企業研究がおろそかになりがち。企業のホームページに載っている情報を羅列して、最後に一言「~に共感したから御社を志望しました」と、付け加える人があまりに多いように感じます。

とはいえ、自分の中に強い動機を芽生えさせることは、簡単ではありません。時間をかけて志望動機を自覚することが必要です。ポイントは、「比較」。たとえば、「ラーメンの中で塩ラーメンがいちばん好き!」という人は、醤油もみそも食べ比べてみて、「自分は塩がいちばん好きだ」と気づいたはずです。

これと同じで、さまざまな企業のインターンシップ、OB・OG訪問、合同説明会に参加し、比較してみて初めて、「自分は自動車ではなく、飛行機に携わりたいんだ」「自分は企業が何を扱っているかではなく、一緒に働く人を大切にしたいんだ」など、「企業選びの軸」が見えてくるようになるのです。

中には、企業のことを調べただけで満足してしまう人もいますが、比較して掘り下げないのはもったいない。たとえば、企業ヒアリングシートを使って、横並びで企業を見てみると、特徴が浮き彫りになり、比較がしやすくなります。自分が何に惹かれるのか、気づけるようになりますよ。

次ページインターンシップで通り、本番落ちる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT