「あと一歩足りない」、就活生の特徴は何か

「好き」をPR、専門職への固執・・・本当に必要?

2019年卒に当たる現大学3年生の皆さんも、「3~6月」のガイドラインが踏襲されることは決まっています。先輩たちと同様、3月から「全力疾走」になる可能性が高い。つまり、それまでにしっかりと「準備運動」できるかがカギになるのです。

今から準備運動を始めておけば、やみくもに焦る必要はありません。そろそろ「自分を知る」「企業を知る」に着手してみてはいかがでしょうか。

「自分を知る」:自己分析をして、自身を自分の言葉で表現し、いろいろな人に話し、「何度も練り直す」。練り直した回数が多ければ多いほど、魅力的な自己PRを作り上げることができる。

「企業を知る」:知らないことをやりたいとは思えない。世の中にどんな事業や仕事、働き方があるのかをまず知る必要があります。そして自分が好き、嫌い、大事に思っていることなど、就活の軸を自覚するために、複数の企業を「比較する」ことをお勧めします。比べることにより、自分の中での優先順位が明らかになります。

その自己PRに「再現性」はあるか?

まずは「自分を知る」。自分を知り、それを人に伝える行為が自己PRです。それを考える際に注意すべきことは、内容に「再現性」があるか。つまり、企業に「入社後、自身の魅力や強みを活かして活躍してくれそうだ」と思ってもらえるかです。

たとえば、「高校3年間、1日も休まず毎日3時間、バスケットボールの練習をし続けました。だから自分は継続力があります」などは典型的なPRです。しかし、残念ながら、これでは「再現性」を感じるには不十分。企業は「好きだから続けられたのであって、好きではない仕事で継続力が発揮できるのか?」という疑問を持ちます。

意識するのは、いつ、何をモチベーションに、その「強み(=継続力)」を発揮できたのか。発揮できた「プロセス」を見直してみれば、再現性のヒントが見えてきます。

たとえばこうしてみたらどうでしょう。

「バスケットボールが大好きで、高校3年間、休まず練習を続けましたが、2年生のときにレギュラーから外れ、バスケットボールが嫌になった時期があります。でも、苦手なシュートを練習すれば、いつかチームに必要な人材だと認めてもらえるのではと考え、1時間早く登校して、シュートを毎日100本練習。その結果、3カ月後に、レギュラー復帰できたのです。課題を克服しレギュラーに復帰するということをモチベーションに、頑張り抜くことができました」

レギュラーから外れるという、つらい体験をしたものの、それを機に自分の課題を見つけた。「課題を克服しレギュラーに戻る」という次なる目標を立て、それを実現するために「継続力」を発揮した…。

次ページ最近の学生は企業研究がおろそか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT