若手が集う「One JAPAN」、2年目に向かう先

大企業の若手もチャレンジを続けている 

若手のこの活動は外部の人からはどのように見えるのでしょうか。ゲストスピーカーで参加した東京大学i.school共同創設者、リ・パブリック共同代表の田村大氏は、次のように見ています。

「設立されてから1年も経たないうちに、企業の垣根を超えて、さまざまなオープンイノベーションのプロジェクトが立ち上がっていくスピード感は圧巻。参加の裾野が順調に広がっていけば、”日本の企業間イノベーションのデファクトプラットフォームは、One JAPAN”と認識されるのも時間の問題、と確信めいたものを感じる機会でもありました。この熱気、スピード、そしてスケール感。もう、全方位的にすごい。

もちろん、気になるところもありました。今、起こっている企業間のオープン・イノベーション・プロジェクトは、それぞれの企業の『得意』を持ち寄ったに過ぎず、それを通じてどんな社会へのインパクトを生み出したいのかが、ぼんやりしているものが多い印象です。イノベーションの創出に欠かせない課題の設定は『インパクトの大きさ』と『それが実現できそうな見通し』のセットでないとワークしないので、今のままでは不十分。一段の具体化を伴う『翻訳』が必要になります。ここは対策が必要かと思いました」

One JAPANは“実践共同体”

ここまでの歩みを振り返って濱松代表は語ります。

「One JAPANを立ち上げてからこの1年間、本当にいろいろなことがあったけど、仲間たちのおかげで、この日を無事迎えられ、大盛況に終えることができました。過去最高の800人が集まりました。共創の事例もいくつか生まれました。挑戦する個人が増えました。社内組織風土もほんの少しではありますが、変わりつつあります。ただ、正直、まだまだ足りません。むしろ、スタートです」

1周年の想いを語る濱松代表(写真:One JAPAN)

「日本をよりよくするために、社会をよりよくするために、大企業を変革し、挑戦する個人をもっと増やし、組織風土を変えていく必要があります。アントレプレナーを増やすこととイントレプレナーを増やすこと、この両方が必要です」

「行動・挑戦したからこそ、賛否両論は生まれます。僕たちが大事にしているのは、まず打席に立つこと、その回数を増やすこと、失敗を恐れず一歩踏み出すこと、つながること、そして組織へ持ち帰ることです。One JAPANは“実践共同体”です。今日という記念すべき日を境に、またこれからも試行錯誤を繰り返しながら進化し、歩みを前に進めていきます」

次ページ今後の広がりは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング