ヴィトンがスマートウォッチに参入した意味

若者世代を取り込むにはデジタル化が必須

なぜルイ・ヴィトンはスマートウォッチ事業に参入したのか。ブランディングに詳しいインターブランドジャパンの並木将仁CEOは「(ラグジュアリーブランドの中でも大規模なルイ・ヴィトンが)デジタル化の影響が強い時計分野で規模を追求しようとすれば、デジタル技術を取り込まなければならない。顧客層が高齢化する中で若返りを狙っている」と分析する。

タンブール ホライゾンは日本で発売されてからまだ2カ月しか経っていないが、年間目標を早期に達成できそうな勢いだという。

ルイ・ヴィトンと同じLVMH傘下、創業から150年以上の歴史を持つスイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーも、17~180万円の価格帯でスマートウォッチを展開中だ。同社は2015年11月に初めてスマートウォッチを発売し、2017年3月に第2世代モデルを投入した。

タグ・ホイヤーが狙うのは「ミレニアル」

タグ・ホイヤーが発売した第2世代のスマートウォッチモデル。「スイスメイド」を強調する(写真:LVMHウォッチ・ジュエリージャパン)

スイス製高級時計の主な顧客層は40~60代。だがタグ・ホイヤーでは、1980年~2000年頃までに生まれた世代をターゲットとする、ミレニアル戦略を進めている。タグ・ホイヤーの堀弘人マーケティングディレクターは、「スマートウォッチを購入する年齢層は30代半ばまで下がっている。加えて、ITやガジェットに興味を持つ人など、従来接点のなかった客層にも訴求できている」と話す。

これまでスイスの高級時計は、歴史の中で培ってきたブランド力とデザイン性を武器に、数十万~数百万円の機械式時計を世界中で売ってきた。だがルイ・ヴィトンと同じく、デジタルデバイスであるスマートウォッチではブランドごとの差別化が難しい。

そこでタグ・ホイヤーはOS以外の開発、設計、組み立ての大半をスイスで行っている。高級機械式時計と同じ工程を経ており、「スイスメイド」と名乗るための基準を満たしている。さらに、歴史ある主要モデルを踏襲したデザインで違いを出したい考えだ。

タグ・ホイヤーのスマートウォッチも販売状況は悪くないという。2015年版の第1世代では、販路を直営店や一部百貨店など限られた流通先に絞っていたが、2017年の第2世代では大きく広げ、タグ・ホイヤーを扱う全店でのスマートウォッチの取り扱いを開始した。

次ページまだまだ広がるウォッチ市場
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究

復活の日比谷、すごいOBネットワークを持つ開成・灘…。名門と呼ばれるのには「ワケ」がある。歴史、校風、進学実績、そして人脈。北海道から沖縄まで全国の高校を徹底研究。