漢字の「とめ、はね」にこだわる教育は有害だ

なぜ「木」の2画目をはねるとバツなのか?

とにかく、今のままでは子どもの漢字嫌いが増えますし、豊かな漢字や書の歴史を正しく理解し継承することもできません。

私は自分の本名を手書きで書くとき、杉山の「杉」の2画目をはねて書きます。そのほうが字のバランスが整って美しくなると思うからです。でも、それを見てある子どもが「先生、間違えてる」と言いました。それで私は理由を説明しましたが、ほとんどの子は「杉という字の2画ははねてもよいし、そのほうが美しいかもしれない」ということを知らないまま大人になっていくのです。これは漢字文化をゆがめてしまうということではないでしょうか? ついでに言えば、私は「保」という字も、6、7、8、9画目を「木」にするより「ホ」にしたほうが美しいと思います。

しかも、今や文章は手書きで「書く」よりも、「打つ」や「入力する」ことがほとんどの時代ですし、この傾向はますます顕著になっていくはずです。そのような時代に生きていく子どもたちに、細部の違いにこだわり過ぎた指導は合理的でしょうか?

それよりも、同音異義語・同訓異字語の使い分けが的確にできるようにしたり、使える語彙を豊かにしたりすることに時間をかけたほうがはるかに有意義です。子どもの貴重な時間は有限ですから、コスパを考えることが大切です。

行きすぎた指導は必要ない

もちろん、私は、とめ・はね・はらいなどの違いや書き順の指導がまったく必要ないと言うつもりはありません。「角」の3画目をはねてはいけませんし、「点」の書き順にしても「口」の部分から書くようなことではいけないのです。これらは書の歴史にない書き方であり、明らかに間違いです。これらを許したら書の文化が崩壊します。ですから、私が言いたいのは行きすぎた指導は必要ないということです。

ところで、2016年2月29日に文化審議会漢字小委員会が「常用漢字で『とめ』『はね』などに細かい違いがあっても誤りではなく、さまざまな字形が認められる」ということを解説した指針案を国語分科会に報告しました。その後、それについて詳しく解説した『常用漢字表の字体・字形に関する指針 文化審議会国語分科会報告(平成28年2月29日)』という書籍も三省堂から出版されました。また、これと同じ内容を文化庁のサイトでも見ることができます。(PDFはこちら

ようやく改善の動きが見え始めたというところですが、やはりまだ周知不足の感は否めません。より広く周知徹底していってほしいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング