"夏の宿題地獄"を楽々クリアする「7つの手」

今年こそ「怒ってばかりの夏休み」にしない

どんな子でも夏休みの宿題に計画的に取り組むことができる「7ステップ方式」をお伝えします(写真:マハロ / PIXTA)

間もなく子どもたちが大好きな夏休みです。日頃はのんびりできない現代日本の子どもたちですから、夏休みくらいはリラックスさせてあげたいというのが、私の正直な気持ちです。でも、実際はなかなかそうもいかないのが実状であり、その最大の原因が宿題です。長年小学校の教師をしてきた経験で言うと、夏休みの宿題に自ら計画的に取り組める子はかなり少なく、夏休みの後半になって親子で慌てるケースが多いです。

宿題もやらずにダラダラしているわが子を見て、いけないと思いつつもキレてしかってしまった経験を持つ方も多いことと思います。これでは楽しいはずの夏休みも台なしですね。実際、私が教えた子の中にも、「毎日しかられるから夏休みは嫌い」とはっきり言った子もいました。「宿題やらなきゃダメでしょ」などとしかられることが多いと、子どもはよけいに勉強が嫌になるだけでなく、自分に自信が持てなくなります。また、「お父さんはぼくのことをダメな子だと思ってる。あまり好かれていないようだ」というように、親に対する愛情不足を感じるようにもなります。

「7ステップ方式」で計画的に取り組む

この連載の記事一覧はこちら

でも、ご安心ください。今回紹介する「7ステップ方式」で進めば、どんな子でも夏休みの宿題に計画的に取り組むことができます。そうすれば、子どもも楽しい夏休みを送れるようになり、みなさんもガミガミしかって嫌な気分になることもなくなります。

●ステップ1:宿題を1カ所に集めて全体量を「見える化」する

宿題で苦労する子は、どんな宿題がどれだけあるのかよくわからないまま夏休みに入ります。でも、「宿題がたくさんあるらしい」ことはわかっていて、時間が経てば経つほどその量がイメージの中で膨らんできます。そして、得体の知れない妖怪のようになり、ますます手が出せなくなります。

次ページまずは宿題の全体量を「見える化」する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT