"夏の宿題地獄"を楽々クリアする「7つの手」

今年こそ「怒ってばかりの夏休み」にしない

●ステップ6:生活表などに○□△×をつけて途中経過を「見える化」する

実行の段階においても、その途中経過を「見える化」していくことが大切です。そのためには、毎日どれくらい実行できたかを評価して、生活表やカレンダーに次のような記号をつけていくといいでしょう。
たとえば、

宿題が計画どおりにできた日には
まあまあできた日は□
半分くらいの日は△
それ以下の日は×
事情によりできなかった日は斜め線

 

といった形です。

この評価の仕方には、「1、親が評価してつける」「2、親子で相談してつける」「3、子どもが自己評価してつける」の3つがあり、子どもの実態に合わせて選びます。しっかり自己管理できる子なら3で大丈夫ですが、その自己評価が正しいかの見届けは親がする必要があります。

計画どおりにいかないときは?

●ステップ7:△や×が続く場合は、親子で計画を見直す

初めにいろいろ考えて計画をつくり、さらに予備日をつくってあっても、いざ実行してみると計画どおりにいかないこともあります。つまり、△や×の日が続くような場合です。この場合は、そもそも無理な計画だったということなので、親子で計画を見直しましょう。親が毎日の見届けをしていれば、計画の見直しもすぐにできます。これをしないままでいると、子どもをしかる回数がどんどん増えます。

ということで、あらためて7ステップ方式をまとめると、次のようになります。

1、宿題を1カ所に集めて「全体量を見える化」する
2、宿題の量を「数字化」する
3、それぞれの宿題について「始める日」と「締切日」を決める
4、宿題の計画を生活表などに落とし込む
5、実行の段階では親が「見届け」をする
6、生活表などに○□△×をつけて途中経過を「見える化」する
7、△や×が続く場合は、親子で計画を見直す

 

この順番で進めれば、子どもも楽しい夏休みを送れるようになり、みなさんもガミガミしかって嫌な気分になることもなくなります。ぜひ、やってみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT