"夏の宿題地獄"を楽々クリアする「7つの手」

今年こそ「怒ってばかりの夏休み」にしない

そうならないために、夏休みの初日にまず第一にやるべきこと。それが、宿題の全体量を「見える化」することです。そのためには、宿題のことが書いてあるお便りなどを見ながら、宿題に関係する物を全部1カ所に集めて並べてみるといいでしょう。たとえば次のような宿題が考えられます。

・生活表(別名は「がんばり表」。お手伝いができたらマルをつける、など)
・夏休みの友(問題集。別名「夏の練習帳」。地域や出版社によって名前も内容も異なる)
・算数プリント・計算ドリル
・漢字プリント・漢字ドリル
・日記・絵日記(毎日ではなく、1日分~数日分)
・自由研究
・読書感想文
・絵・工作

※「自由研究、読書感想文、絵・工作は、この中のどれか1つを自分で選ぶ」という形が多い。

 

自由研究、読書感想文、絵・工作などはまだ形になっていないので、物として並べることはできません。そういうものは、A4の紙1枚につき1つずつ「自由研究」「読書感想文」などと書いて並べます。このようにすべての宿題を1カ所に並べると、宿題の全体量がわかります。「これだけやればいいのだ」とわかるので、心理的な負担が少し軽くなります。

宿題の全体量がさらにはっきり

●ステップ2:宿題の量を「数字化」する

次に、それらの宿題の量を「数字化」してホワイトボードに書き出します。

・生活表1枚
・夏休みの友44ページ
・算数プリント5枚
・漢字プリント5枚
・絵日記3枚
・読書感想文3枚
・自由研究?

 

このように数字化することが大事です。これによって、宿題の全体量がさらにはっきりするからです。

次ページ宿題に取り組む具体的な計画をつくる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT