女上司に悩む男は「雑談」を相当軽視している

結果のみの「報・連・相」で女性は納得しません

オトコのキャッチボール型コミュニケーションは、フォーシームの直球ばりにちゃんとした回答をしたい。自分がゴールと考える「正しい」方向に引き込む回答に尽力します。女性は細やかで色んなことに気が効くので、オトコは「細かい!」「そこモンダイじゃない!」と心の中で叫びつつ「大丈夫です」とツレない回答。それがオンナはカチンときて、色んな穴を指摘していき、次第にオトコは色々とボロが出てしまうという構図です。

上司が気になるのには、何かしら理由があるはず。自分の伝えたい本筋とは違っても、相手の反応に合わせるのが、ダンス型コミュニケーションです。例えば、

「ココは○○の検討をして、○○さんへの確認まで済んでいますが、気になる所がありますか?」
「コッチは、実は最初から検討の対象外にしています。一応確認した方が良いですかね?でもそこまで詳しく確認しなくても良いかなって思いますが……」

と、経緯も踏まえて上司の質問に答える。対する上司の反応は、「あ、OK、だったら良いよ」かもしれないし「やっぱり、もう少し調べようよ!」かもしれませんが、いずれにしても二人の仕事は大きく前進します。

あえて「弱み」を見せるとかえって上手くいく

最後は「ピンチ」。先ほどの「回答」の会話シーンで女性上司から詰められた状態です。キャッチボール型のオトコの場合、あぁもぉ!会話のキャッチボールにならん!と逆ギレしたり、女性上司と話すのを避けてしまいます。女性上司との仕事でドツボにハマる男性社員の典型的な結末です。

ダンス型の場合、ピンチの際の対応法には別の選択肢があります。必殺「ロープ・ブレイク」、弱みを見せる対応です。オトコは女性に強くて頼れる自分をアピールしたくなりますが、人間というものは、相手が知らないこと、出来ないこと――弱さを認めた時に親近感を抱くもの。特に女性上司は「あなたが困ってること=私にできること、ある?」と聞いて親近感を感じたい。

「実は、この領域は詳しくないので意味が分からないんです」
 「今、急ぎのタスクを抱えていて、コッチの対応は来週になってしまいます」

と、素直に困っている自分、弱い自分を見せると、親身に相談にのってくれたりサポートをしてくれます。時には相手に自分を委ねるのが、ダンス型コミュニケーションのコツです。

オトコは黙ってキャッチボール型コミュニケーションよりも、日々のプロセスを雑談する、意外な質問にもこたえる、時には弱みも見せる……。そんなダンス型のコミュニケーションは、仕事に限らずオンナとオトコのコミュニケーションの基本なのかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100年時代の人生&行動戦略<br>ライフシフト超入門

人生100年時代の覚悟と実践を提示した書籍『ライフシフト』の「1」と「2」が話題です。高齢化社会で働き方や学び方はどう変わるのでしょうか。本特集では著者インタビューやライフシフトの実践例も掲載。長寿時代を乗り越えるためのヒントが満載です。

東洋経済education×ICT