「あまちゃん」ロケ地観光のいまだ根強い人気

放送終了4年過ぎても久慈の町おこしは熱い

ドラマでは“北鉄”と呼ばれた三陸鉄道北リアス線(写真:久慈市提供)

朝ドラ「あまちゃん」放送終了からまもなく4年。しかし、現在でも舞台となった岩手県久慈市には、ロケ地をめぐる観光客が殺到しています。

その間、朝ドラの人気は加速し、視聴率は右肩上がり。「あまちゃん」からバトンを受けた「ごちそうさん」から現在の「ひよっこ」まで、8本もの人気作が放送されているにもかかわらず、わざわざ久慈市を選んで訪れている観光客がいるのです。

朝ドラは作品ごとに舞台となる都道府県を変えていますが、久慈の盛り上がりは57年の長い歴史でも極めて異例のケース。もちろん作品として「あまちゃん」がすばらしいのは言うまでもありませんが、それとはまったく別の次元で、地元住人とそれを支える人々のドラマティックな奮闘劇があったのです。

「あまちゃん」終了直前に抱いた不安

毎年多くのファンで盛り上がる「あまちゃんサミット」。今年は8月6日に開催された(写真:久慈市提供)

ドラマで「北三陸駅」となっていた久慈駅に行けば「うに弁当」が食べられますし、「北三陸観光協会」だった久慈駅前ビルには、今も「北の海女」「潮騒のメモリー」の看板が健在。そのほかにも、小袖海岸では夏ばっぱ(宮本信子)のような海女の素潜り実演、アキ(能年玲奈)が飛び込む海の灯台、「ブティック今野」があった商店街、琥珀坑道など、ドラマ内の風景とほぼ同じで、撮影の衣装や小道具などを展示した「あまちゃんハウス」もあります。

さらに、出演者を交えたファンの集い「あまちゃんサミット」、ロケ地を走る「久慈あまちゃんマラソン」なども定期開催。地元住民と観光客が一緒に盛り上がり、交流を深められるイベントもあるため、リピーターも多いようです。つまり、久慈に行けば、いつでも「あまちゃん」の世界に浸れるわけですが、最初からこのような観光客の受け入れ態勢が整っていたわけではありませんでした。

次ページドラマが始まってしばらくすると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。