三陸鉄道は「震災から5年」でどう変わったか

「あまちゃん」ブームに沸いた、あの路線の今

あの震災から5年、「あまちゃん」ブームから3年近くが経った。三陸鉄道は今、どうなっているのか(撮影:尾形文繁)

今や日本人で「三陸鉄道」の名前を知らない人はいないだろう。2011年の東日本大震災で北リアス線、南リアス線ともに大きく損傷したものの、順次運転を再開。2013年4月にNHKで放映された朝ドラ「あまちゃん」で、その知名度は全国区となった。

ようやく全線で運転が再開されたのは2014年4月。放送終了から半年が経っていたにもかかわらず、ドラマでおなじみとなった列車に乗るため、全国から多くの観光客が当地に押し寄せた。そして1年後。2015年6月に「三陸鉄道が黒字化」という見出しが新聞各紙に踊った。三陸鉄道は復活したかのように見えた。

各種の補助金でようやく最終黒字

だが、2014年度の財務諸表に目を通すと、順風満帆とは言いがたい。経営の柱である鉄道事業は、営業収益4億5365万円に対して、営業費用6億0296万円。差し引きで1億4931万円の赤字である。物販など関連事業の収益を加味した経常損益で見ても、1億0254億円の赤字。各種の補助金を特別利益に計上することで、ようやく純利益が8683万円の黒字だった。

それでも前年度と比較すれば、2014年度の経営状態ははるかにによくなった。2013年度は全線開通前だったこともあり、経常損益は2億1482万円の赤字、純損益も5117万円の赤字だった。震災の影響を受ける前と比較しても、2009年度の鉄道事業は営業収益3億7653万円、経常損失1億3517万円、純利益2234万円だったので、震災前よりも状況が好転したことになる。

2014年度の好決算が観光客増加によるものであることは、言うまでもない。

2008年に実施された旅客流動調査によれば、全乗降者に占める観光客の割合は2割程度。これに対し、2014年度は運賃収入での比較になるが、主として地元住民が活用する個人用乗車券と定期券の収入が2億6064万円だった一方、個人用観光乗車券と一般団体乗車券、観光団体乗車券の合計は1億6000万円だった。

次ページ観光客が増えた理由はブームだけではない
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT