日本語で開発要件を正確に伝えるのは難しい

「ちょっと難しい」にはどういう意味があるか

ぼへちゃんの開発チームが国際色豊かになってきました。

アメリカ人のエンジニア、中国人のエンジニアが新たに加わったのです。2人とも日本語を勉強していたらしく、配属初日のあいさつも日本語でこなしました。

早速2人は、今進めているシステム開発の打ち合わせに出席しました。お客様と新機能を追加するための打ち合わせです。

そのお客様から出た機能の要件が、ちょっとたいへんそうな内容でした。予算とスケジュールから考えて、とても間に合わなさそうな機能です。だんな君とぼへちゃんの答えは「ちょっと難しいですねぇ」。IT業界に限らず、できそうにない仕事に対してよく使う表現ですよね。

ですがこの言葉、国によってとらえ方が違うんです。海外では、できないことはストレートに「できない」というのが一般的。「難しい」というのは多少難易度は高くても、やってやれなくはないと解釈されます。

ということで、海外からやってきた2人のエンジニア、この「ちょっと難しい」という言葉を、「やらない」という意味ではなく、難易度は高くても実現しましょう!ととらえたようで、なんと開発に着手してしまいました。

しかし、やはり実装困難な機能。そう簡単には出来上がりません。

「やっぱりこれ、『できない』ですよ」

「『ちょっと』難しいって言ってましたけど、これは『かなり』難しいですよ!」

日本語ならではの言葉のニュアンスは、時としてコミュニケーションミスにつながってしまいます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT