TV+ネットは最強のメディアになれるのか

NHKが次世代サービスで先陣、放送と通信を融合

NHKはネットのコンテンツを原則として自前で供給する算段だが、テレビ局だけがコンテンツを提供するという枠組みでは、コンテンツの多様性や深み、広がりに限界がある。すでに検討が始まっている外部企業の参加がポイントになりそうだ。

録画への対応も重要な課題となる。現時点では明確な対応が決まっていないようだが、録画機器が充実している昨今、リアルタイムで放送する番組だけに対応するというのでは、お粗末である。

強力なリーダーシップが必要

テレビ局、テレビ業界という枠を超える壮大な取り組みだけに、スポンサーという制約のない受信料で成り立ち、資金的な余裕のあるNHKだけでなく、民放も続く必要がある。その際にはさまざまな企業、業界、分野を横断的に、強力にリーダーシップを採って推し進める存在も必要となるだろう。

逆に言えば、こうした課題を乗り越えられなければ、放送と通信の融合は進まず、テレビの地位は今以上には高まらない。とくに、日常生活においてテレビを見ることの優先度が高くない若い世代には訴求できない。険しいが、挑まなければならない道。テレビ業界はその入り口に立っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。