45歳で逝った「奇跡の投手」を支えた妻の献身

盛田幸妃が送った壮絶なプロ野球人生の裏側

倫子さんは、できることは人の手を借りず、積極的に看病した。身の回りの世話だけでなく、マーサッジも、率先して続ける。手術から1週間後、ようやく右手で食事ができるようになった。すると幸妃さんは、前向きな気持ちを徐々に取り戻し、リハビリを開始する。

その回復ぶりは、目を見張るものがあった。なんと手術から7カ月後、チームに合流。復活に向け、プロ野球選手としての体づくりを始められるほどだった。この驚異の回復は、間違いなく、倫子さんの献身的な支えがあってこそ実現したものだった。

そして大手術からわずか1年。幸妃さんは1軍のマウンドに復帰する。復活の日、スタンドに駆け付けた倫子さん。幸妃さんの前では、絶対に流さないと決めた涙がこのときばかりは、止まらなかった。

幸妃さんも、天を見上げ、万感の思いをかみしめていた。421日ぶりの、ピッチング。その初球は、渾身のストレート。幸妃さんは、再び野球ができる喜びをボールに乗せ、投げ続けた。そして、バッターを追い込み、決め球は伝家の宝刀、シュートで見事三振を切って取った。2人目のバッターには、フォアボール。全10球を投げたところで、マウンドを下りた。

ファンは、奇跡の復帰を果たした幸妃さんに惜しみない拍手を贈り、夫婦には心からの笑顔が戻った。2年後の2001年には復帰後初勝利をあげ、シーズン通して34試合に登板。中継ぎとして、本格的な復活を果たした。

この年は、スター選手が顔をそろえるオールスターゲームにも出場し、幸妃さんが登板すると、大歓声が上がった。そして、近鉄バファローズは12年ぶりのリーグ優勝を果たし、幸妃さんはカムバック賞を受賞した。

大手術からわずか3年で果たした復活劇は、奇跡とたたえられたが、幸妃さんは2002年10月6日、32歳の若さで現役を引退する。壮絶な苦難を乗り越えてきた、幸妃さんだからこその決断だった。

苦難を乗り越え現役を引退、しかし・・・

夫婦の戦いは終わらなかった。引退から3年後、脳腫瘍が再発する。その後、10年にわたり転移が進み、手術を繰り返し、2014年には「余命1年」と宣告されてしまう。

幸妃さんは「妻と最期の時間を過ごしたい」と自宅へ戻った。当時は倫子さんに対して、こんな言葉をよく口にしたそうだ。

「お前は1人でも生きていけるから、1人で頑張れ」

その言葉に対し、倫子さんは夫を安心させようと、「私はたくましいから、どこでも1人で生きていける。だから心配しないで大丈夫だよ」と答えた。

脳腫瘍を患ってから17年後の2015年10月16日、幸妃さんは、静かに眠りについた。45歳という若さだった。自宅療養を始めて1年後。夫が最期を迎えるとき、倫子さんは、こう言った。

「ありがとうね。幸せだったよ」

45歳の若さでこの世を去った夫の遺影を前に合掌する倫子さん
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング